読売を4タテ!日本シリーズに進出!!

1、2戦目は先発投手陣の踏ん張り、3戦目は打線の粘り、そして最後は猛虎打線爆発。読売を倒して日本シリーズ進出を決め、最高の気分やわ。

読売が息を吹き返す前に一気呵成に決めてもらいたい試合。その願い通りに初回から猛打爆発。
初回、上本、鳥谷を塁上に置いてマートンがレフトスタンドへ先制のスリーランを放つ。続く福留もライトポール際へソロホームランをたたき込み、よーいどんの段階で4点のリード。
2回には西岡がスリーボールからの4球目、高めのボール球を一閃。ライトへのツーランで読売先発小山をノックアウトした。

一方、阪神先発は能見。今シーズンは読売戦1勝5敗の成績。能見の調子がどうこうというより、読売が能見を徹底的に分析し、攻略法を見いだしたんやと思う。
能見は、毎回のようにランナーを得点圏に置く苦しいピッチングで5回9安打2失点。それでもタイムリーは許さず、ソロホームランと犠牲フライだけに抑え、エースの意地を見せてくれた。

6回のマウンドは安藤。先頭の長野のサードライナー、続く大田のレフト線ツーベース、どちらも完璧に捉えられた当り。
4点リードしているとはいえ、試合はまだ中盤。小刻みに点を取られると試合がどう転ぶかわからない。
しかし、ここは橋本を浅いセンターフライに打ち取ると、坂本を空振りの三振に打ち取ってピンチを逃れた。

すると、直後の7回表に良太、上本のヒットで1死1・3塁。上本が盗塁を決めて1塁が空き、鳥谷が敬遠気味に歩かされて満塁。
このチャンスでゴメスが4j番の仕事をきっちりとしてくれた。久保のフォークを上手く拾い、レフト前へダメ押しの2点タイムリー。

7回、8回を遼馬、福原が無難に抑え、9回裏のマウンドにはまたも呉昇桓。
流石に連投の疲れが出たのか、セペダ、坂本に連続ソロを浴びてしまう。
井端は大きな当りのライトフライ、アンダーソンにはライト前ヒットを打たれ、点差は離れているものの不安なピッチング。
しかし、ここから最後の力を振り絞る。阿部を三振に仕留め、村田をセカンドフライに打ち取り、念願の日本シリーズ出場を決めた。

マウンドに集まって喜ぶ選手たち。胴上げの準備も整っているようだったが、和田監督はいつも通りナインを迎えに出て、胴上げは日本シリーズ制覇まで封印した。
リーグ優勝した読売への配慮と、未だ道半ばという事やったんやろなあ。

シリーズMVPは6試合すべてに登板した呉昇桓。石仏というより、相手チームの前に仁王立ちやったね。

さあ、1週間後には日本シリーズが始まる。この勢いのまま、日本一に登り詰めて貰いたい。

"読売を4タテ!日本シリーズに進出!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント