シーズン全日程終了

今シーズン最後の試合はDeNAに逆転負け。小池の引退試合だったのでこれでいい。戦力の見極めはちゃんと出来たと思う。

三嶋をマエケンに見立てての最終戦。3回に2死から4連打で先制したのは収穫。鳥谷、マートンが好調を維持し、福留がここへ来て結果を残せたのもよかった。福留はやっぱり死んだふりしてた?この日は4打席で2四球とツーベース2本。ようやくベールを脱いだという感じだった。
今成は、前3打席は凡退したが、8回、9回の打席ではしっかりと結果を出せた。日高も途中出場で2安打と気を吐いた。
12安打6四死球で5点というのはもの足りないが、一時の悪い状態から比べると打線が繋がるようになったんちゃうかな。

打線で唯一心配なのは新井の状態やね。初打席に石川のファインプレーでヒットを1本損してからはいいところなし。9回のチャンスではピーゴロ併殺崩れで1点を返したものの、反撃の勢いを止めてしまった。
数日で調子を戻すのは無理そうな感じやね。ベンチスタートになったところで、代打で結果を出せるタイプでもないし、起用法が難しいなあ。

投の方ではスタンリッジが5回5失点と乱調。ホームラン3本はちょっと打たれ過ぎ。たまたま調子が悪かっただけとは思うが、やや不安やね。まあ、それ以上に先発5安手、6番手が固まってない方が不安なんやけど。

松田も最近はよく打たれるようになってきたなあ。小池のホームランは餞別かもしれんけど、代わり端にラミレスに犠牲フライを打たれたのが問題。三振を期待して安藤からスイッチしたのに、それが出来なかったのが痛いなあ。松田に過度の期待をしているというのもあるんやろけどね。
それ以外の中継ぎは復調してきているので、皆でカバーするしかないかな。

"シーズン全日程終了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント