守りのミス連発、久保田投入も火に油

先発は2軍調整から戻ってきた上園。
ちょっと不安な立ち上がりだったがバックに助けられなんとか無失点。
3回は三者凡退に抑え、ようやくエンジンがかかってきたと思ったのに、4回にオーティズ、柴原のHRで2失点。
球数もそれほど行ってないし、まだまだ2点取られただけなのにこの回で降板。
この交代、懲罰交代だったらしい。
HRはどちらも初球を打たれたもの。初球の入り方に気を付けるよう言われていてこの結果だったかららしい。

5回は川崎。
以前、川崎を早いイニングで使って失敗したけど大丈夫かな。
その不安が的中し、1死から連続ツーベースを打たれて1失点。
更にヒットを打たれて早々と降板。
筒井が降格し、渡辺が後ろを任されるようになって、こういった場面のロングリリーフが居なくなったことが問題。

この場面で西村を投入。
えー、西村ってこんなところで投げるピッチャーと違うやろ。
ファンの気持ちでは、西村は勝ち試合でセットアッパーに繋ぐ場面で出てくるという役割だと思っているが、首脳陣の考えは違うのか。
と言うか、そもそも役割なんて決めてないのか。

西村の初球、オーティズがレフトにフライ。
3塁ランナータッチアップで生還。更に1点追加された…と思ったら、1塁ランナーもタッチアップしていてセカンドタッチアウト。
3塁ランナーのホームインより早くアウトになったというジャッジで得点が認められなかった。

7回にブラゼルのタイムリーで1点返し、その裏のマウンドは江草。
2死1塁から川崎に2盗されると、本多に前進守備のレフトの頭を越すタイムリーツーベースを打たれる。
今年よく見るシーン。この守備体系でどんなけ点を取られてることか。

ここで江草を諦め、ピッチャーはなんと久保田。
3点差ならまだ可能性あるのに、なんでここで久保田を出す?
オーティズの打球は新井のグラブの下をすり抜け、レフト前タイムリーに。
続く小久保のサードゴロを新井が落として1・2塁に。
新井、ちゃんと守ったらなピッチャーが気の毒やん。

バッター多村のとき、なんか嫌な予感がしてた。
その予感通りレフトにスリーランを浴びて一気に7点差、ハイハイ負け負け。
新井のまずい守備があったとは言え、これじゃ配置転換どころの話じゃない。
一度ファームに落として、キチンと調整してから出直して欲しい。
ただ久保田を落とした場合、毎日でも1、2イニング投げてくれる、代わりのピッチャーが居るのか?

8回に鳥谷、城島のタイムリーで2点返し、少しは意地を見せるものの後の祭り。
その裏、石川のワイルドピッチでセカンドランナーが一気にホームイン。
3塁ベンチ近くにボールが転がったのに追いかけてたのは城島だけ。
新井は何をしている。

しかし、記録に残らないエラーが多い試合やった。
前日素晴らしい試合をしたというのに帳消しやん。
守備走塁コーチの責任なのか、選手の問題なのかわからんけど、引き締めてやって欲しい。


BBM2008 阪神タイガース THREE PROPS No.TP5 久保田智之



blogランキングに参加しています。
ご協力お願いします人気blogランキングへ
こちらもお願いします。にほんブログ村 阪神タイガース

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ ブログ王へ ブログランキング【くつろぐ】 野球








"守りのミス連発、久保田投入も火に油" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント