クリーンアップの5発で打ち勝つ

マルテが2本、大山が2本、サンズが1本。クリーンアップのホームランの競演で、東京ドーム初戦を勝利。これで7年ぶりの8連勝。こんな気持ちのいいことはない。 この日も相手先発を瞬殺。初回にマルテのソロ。2回に近本のタイムリー。そして3回にはマルテのツーランと大山のソロで、サンチェスをノックアウトした。 その後、読売の反撃に会うが、サ…
コメント:0

続きを読むread more

小川をKO、ガンケル4勝目

序盤で小川をノックアウト。終盤に少し追い上げられたが、勝ちパターンを突っ込んで逃げ切った。 初回の無死満塁が、犠牲フライの1点だけだったので不安だったが、3回に打者一巡の猛攻で5点のビッグイニングを作った。その後もマルテのツーランで突き放し、3点差に迫られると、中野の2点タイムリーで勝利を確かなものにした。 近本が4安打。クリー…
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、V弾で久々の甲子園勝利

ウル虎の夏のユニフォームのお披露目。今年はリアルな虎の顔を取り入れて、大阪のオバチャンの服のようになってしまっていた。 藤浪の甲子園での勝利は4年ぶりだとか。そんなに長い間、勝ててなかったのかと驚いた。 それにしても、いつもよりコントロールに苦しみながらも無失点に抑えるとか、打線がさっぱり打てなかった石川からホームランを打つとか…
コメント:0

続きを読むread more

大山、佐藤輝の初アベック弾

久し振りにアベックホームランと言う言葉を聞いた。ホコリを被っていたこの言葉を大山と佐藤輝が甦らせてくれた。 大山、1号ホームランおめでとう。泳いだような打ち方だったが、それでもいい。とりあえず一本出た事で、本人も周りもホッとしたと思う。これから、出遅れた分を取り戻して欲しい。 佐藤輝が連夜のツーランホームランをバックスクリー…
コメント:0

続きを読むread more

ルーキーコンビが森下を攻略

これまでさっぱり打てなかった森下をルーキーの2人が打ち崩してくれた。 2回に中野のタイムリー、4回には佐藤輝が甲子園初ホームランを放って、森下からあっさりと3点を奪った。 中野は2試合連続でヒーローになった。コンパクトなスイングだが、打球は力強い。いい選手が取れたもんやね。 佐藤輝はツーランとタイムリーで3打点。この試…
コメント:0

続きを読むread more

本当のヒーローになった

中野が前日に続いてスタメンで出場。実質決勝点となるタイムリーを含む3安打で大活躍。初めてヒーローインタビューを受けた。 守備の人のイメージが強いが、打つ方もなかなかいい。4回のタイムリーは、コンパクトなバッティングでレフトへ弾き返した。 打数が少ないとはいえ、打率は5割超え。少ない出番でしっかりと結果を残している。 それに加え…
コメント:0

続きを読むread more

目立たぬヒーロー

大山のタイムリーの1点を、青柳、岩崎が守り、最後はサンズのツーランなどでとどめを刺した。 大山と青柳がヒーローなのはもちろんだが、自分は中野もヒーローだと思う。 この日の8番ショートはルーキーの中野。これまでは守備固めで起用されていたが、この日は初めてスタメンで起用された。 7回のピンチで戸柱のセンター前に抜けそうな打球。…
コメント:0

続きを読むread more

佐藤輝の特大弾で打線が目覚める

いやあ、でかかった。打球はハマスタの右中間へ、逆風をついて場外へ消えた。あんなホームラン、メジャー出身の選手でも打てんよ。 初回に打者9人の攻撃で、最低限の3点のみ。その後は濱口を打ち崩せなかった。 そんな打線に喝を入れたのが、6回の佐藤輝のホームラン。これを合図に打線が息を吹き返して、一挙6点のビッグイニングを作った。 …
コメント:0

続きを読むread more

完封負けで連勝ストップ

高橋を打てず完封負け。好調の糸原やサンズも打てなかったのだからそうなるわな。 高橋が良かったことだけでなく、捕手が炭谷だったことも敗因のように思う。 5回までノーヒット。ランナーを出せなければ作戦どころではない。8回の無死1・2塁では、きちんと送ってチャンスを広げたが、後続が倒れて得点できず。最終回も先頭のマルテが出たものの、そ…
コメント:0

続きを読むread more

伊藤将、読売からプロ初勝利

伊藤将が2度目の登板で初勝利を手にした。それも読売を相手に7回1失点の素晴らしいピッチングだった。 ランナーを出しながらも粘りのピッチングで4回まで無失点。5回に1点を失ったので、このイニングで降板かと思いきや、なんと7回まで投げ続けての初勝利。 佐藤輝ばかりが注目されているが、伊藤将も投の柱に成長してくれそうな予感がする。 …
コメント:0

続きを読むread more

先ずは読売戦1勝目

降雨のため7回コールド勝ち。雨の中を我慢して投げた西と、緩いマウンドにイライラしたサンチェスとの差が出た。 初回先頭の近本が3球三振。ちょっと手こずるかと思ってたが、その後は徐々にコントロールが微妙に狂ってきた。2回、3回に集中打を浴びせ、6失点でノックアウトした。 一方の西は、ボールが少し浮き気味だったが、終始丁寧なピッチング…
コメント:0

続きを読むread more

佐藤輝スタメン落ち、陽川決勝打

m調子の上がらない佐藤輝をスタメンから外して、陽川を起用。6回のチャンスで勝ち越しタイムリーを打って、試合を決めた。 佐藤輝を外したのは丁度いい頃合いだったかもしれない。迷いながらプレーを続けるより、たまにはベンチから他の選手のプレーを見るのもよい。 陽川と佐藤輝はポジションだけでなく、バッティングスタイルもキャラも被ってい…
コメント:0

続きを読むread more

これで山本も虎戦士

「巨人から金銭トレードで移籍してきた」が枕詞になっていた山本が、ここ一番の場面で見せてくれた。もう枕詞は要らない。 生え抜きの内野の守備がなかなか上達しない。それなら、他球団から内野の守備固め要員を入れよう。山本の獲得にはそういう背景があったんではないかと思っている。打撃に関してはそれほど期待していなかった。どことなく中村豊とイメ…
コメント:0

続きを読むread more

勝ちパターン使えず逆転負け

6回が終わって2点のリード。後は勝利の方程式で締めるだけ。しかし、8回のマウンドには加治屋。リードを守れず逆転負け。 藤浪は6回を1失点。唯一の失点がボークというのはもったいなかった。 2度の満塁のピンチを切り抜けてリードを守ったが、リリーフ陣が打たれて勝ち負けつかず。 次は球数をもっと減らして、リリーフ陣に頼らないピッチング…
コメント:0

続きを読むread more

鯉キラー、今年も健在

秋山が初登板で初勝利。無四球ピッチングで2桁勝利の第一歩を踏み出した。 広島打線を6回まで2安打無失点。7回に2点を失ったのはちょっと残念だったが、今季初登板だったので仕方ないか。 昨シーズンは西と並んでチームトップの11勝だったのに関わらず、未だエースとは呼んで貰えていない。今シーズンは勝ち頭になって、エースの座を手に入れて欲…
コメント:0

続きを読むread more

ルーキー初登板初先発は及第点

開幕5戦目の先発は伊藤将。開幕ローテにルーキーを抜擢したのは、将来性があると見ているからなのか。 伊藤将は5回2失点。ルーキーの初マウンドとしては合格点を上げたい。 あと1人で勝ち投手の権利がつくところだったのに、ピッチャーの床田に同点タイムリーを打たれたのは悔しかったやろね。 次は更に長いイニングを期待している。 佐藤…
コメント:0

続きを読むread more