佐藤輝の特大弾で打線が目覚める

いやあ、でかかった。打球はハマスタの右中間へ、逆風をついて場外へ消えた。あんなホームラン、メジャー出身の選手でも打てんよ。

初回に打者9人の攻撃で、最低限の3点のみ。その後は濱口を打ち崩せなかった。
そんな打線に喝を入れたのが、6回の佐藤輝のホームラン。これを合図に打線が息を吹き返して、一挙6点のビッグイニングを作った。

優勝のキーマンと呼んで、ルーキーに余計なプレッシャーをかけたくないが、打線の起爆剤であることは間違いない。早くプロの配球に慣れて、コンスタントに自分のバッティングが出来るようになって欲しい。

藤浪は序盤に2度のピンチを迎えるが、どちらも宮崎を三振に仕留め、そこから波に乗ることが出来た。
7回に関根にツーランを打たれるものの、失点はそれだけ。味方の大量援護を背景に今季初勝利を手にした。

この記事へのコメント