本当のヒーローになった

中野が前日に続いてスタメンで出場。実質決勝点となるタイムリーを含む3安打で大活躍。初めてヒーローインタビューを受けた。

守備の人のイメージが強いが、打つ方もなかなかいい。4回のタイムリーは、コンパクトなバッティングでレフトへ弾き返した。
打数が少ないとはいえ、打率は5割超え。少ない出番でしっかりと結果を残している。
それに加えて守備が良くて、足もある。北條と木浪は相当努力しないとレギュラーの座は取れんよ。

ガンケルが3勝目。防御率1点を切る安定感。これだけの活躍をしてくれるとは思っていなかった。
もうすぐ、新外国人選手の待機期間が終わる。外国人枠をどう使うか、首脳陣は悩むやろなあ。

この記事へのコメント