佐藤輝、初アーチはバックスクリーン弾

佐藤輝が1打席目にプロ初ヒットとなるホームランを放った。それもバックスクリーンへの特大弾。マルチヒットと盗塁も決め、もはや完成された選手だと感じた。

対応力があるし、スイングにも迷いがない。だから、焦らなくてもそのうち打つだろうと思っていた。
しかし、あれほどの打球を飛ばすとは思ってなかった。まるで外国人選手並みのパワー。あれだけのパワーがあれば、詰まっても擦ってもホームランになるんやないかな。3冠もトリプルスリーも狙える選手だと思う。

キャンプでの取り組みがよかったのか、今年はよく打球が上がる。
初回の無死満塁、大山とサンズが犠牲フライを上げて2点を取った。これまで出来なかった最低限の仕事が出来たのはよかった。

青柳が6回途中3失点で勝利投手に。2桁勝利目指して頑張れ。

この記事へのコメント