7点のリードを守れず引き分け

大山の満塁とツーランの2打席連続アーチに、サンズのソロで5回までに7点のリード。勝って当たり前の試合なのに引き分けで終わった。

5回まで3安打無失点だったガルシアが、6回に突然崩れる。連続四球からのタイムリーとホームランであっという間に4点を失った。それでもそのまま続投させて、再びピンチになったところでようやく能見にスイッチ。この継投がワンテンポもツーテンポも遅かったと思う。

ガルシアへの信頼が厚いとしても、あの場面はホームランを打たれたところで代えるべきだった。ランナーが居なくなったことで、能見も投げやすかったと思う。

これ以上負けると首位は難しくなる。おまけに今年はCSが無いので優勝するしかない。
リリーフを温存したいのはわかるが、今が正念場なのだから、リリーフ陣フル回転で勝ちに行かなければならない。

大山がここへ来てホームランを量産している。この日は2本ともランナーを置いての価値あるホームランだった。糸原も戻って来たし、そろそろクリーンアップを元に戻してもいいのではないかな。

この記事へのコメント