サンズ頼みの打線

同点で迎えた9回裏、先頭バッターはサンズ。前の試合と同じシチュエーションだった。違ったのは、サンズが凡退したこと。大山、ボーアもサンズの代役を果たせず、延長に入って逆転負け。

打線の繋がりが悪く、8安打しながらサンズのツーランの2点しか取れなかった。考えてみれば、前の試合からサンズしか打点を挙げていない。
サンズが打たなかったら2試合続けて完封されていた訳で、次のジャイアンツ戦で連続完封負けの記録を作るのではないかと不安になる。

ガルシアは序盤に失点するものの、持ち前の粘りで6回2失点。内容はいいのに勝ちがつかないのが続いている。
投手陣がいいときには1つでも勝ちを増やしておかないとシーズン終盤に苦しくなる。

この記事へのコメント