今季初のサヨナラ勝ち

打ちあぐねていた石川からサンズが先制タイムリー。追いつかれて迎えた9回裏、先頭のサンズが左中間中段にサヨナラホームラン。

髙橋遥は初回にヒットを1本許すが、その後7回2死までヤクルト打線をノーヒットに抑える好投を見せる。しかし、村上にツーベースを打たれてからリズムを崩して1点を失った。
更に満塁で代打青木を迎え、スリーボールの大ピンチ。それでも何とか踏ん張って、青木をショートゴロに打ち取った。
この安定感と粘りは素晴らしい。金本前監督の見立て通りに、いいピッチャーになってくれた。後は完投能力だけだが、それも軽くクリアしてくれると思う。

試合を消化するごとにサンズがパワーアップしてきた。来日当初はそれほど期待してなかったが、今や打点とホームランでチーム2冠。4番で起用されるようになってから、更にパワーアップしたようだ。
特にこの試合のように、なかなか決定打が出ない時に打ってくれたり、ホームランの期待に応えてくれるところがありがたい。

この記事へのコメント