あと一つのアウトが遠かった

前回の登板で久々の勝利を手にした藤浪。序盤は復活した姿を見せていたが、5回に先頭バッターを四球で出すと、そこからまた悪癖が出始めた。1点差にまで迫られ、會澤の片口に当てて2死満塁になったところで降板。 立ち上がりは完璧だったのに、4回から様子がおかしくなった。打順が一回りしたところからというのが気になる。配球パターンを変えた事で、…
コメント:0

続きを読むread more

あと一歩だったのに

序盤の失点が響いて追いつくのがやっと。最後は岩崎が打たれてサヨナラ負け。 森下対策に西を前倒しで起用。打てないので無駄な失点を防ぐ作戦。発想は悪くないが、ローテ順を変えた事で、西のピッチングに微妙な狂いが生じた。それでも6回3失点。よく立ち直ってくれた。 この日、サンズ、ボーアに一発は出なかった。しかし、代わりに大山が森下か…
コメント:0

続きを読むread more

サンズのスリーランで突破口開く

青柳が初回に2点を失い、打線は柳の前に3回まで三者凡退を繰り返す。また無援護になりそうな雰囲気だったが、サンズの一発でムードが変わり、後は小刻みに点を奪って中日戦3連勝。 サンズが2球席連続アーチ。それも嫌なムードを振り払う逆転スリーラン。前日にボーアが2本のホームランを打ったのに刺激されたのかも。ともかくこの2人が争うように活躍…
コメント:0

続きを読むread more

陽川、ボーアのホームラン共演で快勝

逆転された直後に陽川のスリーランで再逆転。ボーアのツーランでビッグイニングを作った。ガルシアは2点を取られたものの、6回を3安打に抑える好投を見せ、2勝目をゲット。 前日のブログで3番陽川に否定的な記事を書いたが、撤回したい。すまなかった陽川。 当面は調子のいい選手を3番で使う方針なのかもしれない。単純に陽川が絶好調なので起…
コメント:0

続きを読むread more

誰を3番に置けばいいのか

この日の3番は陽川。いや、それだったらクリーンアップを元に戻せよと思わず突っ込んだ。結局、陽川の渋い働きと髙橋遥の好投で結果オーライ。 福留、糸井の不振で3番が決まらない。コンスタントに打てる外野手がいないなら、髙山を育てる意味で3番に固定するか、クリーンアップを元に戻して8番に足の速い選手を置いた方がいい。 陽川は同点犠牲…
コメント:0

続きを読むread more

3連勝ならず

リリーフ陣が打たれて逆転負け。今年は接戦に弱いわ。 秋山が好投するものの、打線は最低限の援護のみ。自らのスクイズで、負け投手にならずに済んでよかった。 今シーズンのチーム防御率はリーグ4位の3.65。先発陣は概ね試合を作っているが、中継ぎが打たれるケースが多いので、こういう数字になる。 中継ぎ、抑えをベテランと外国人選手に…
コメント:0

続きを読むread more

ひっくり返されなくてよかった

大量リードの8回。青木にグランドスラムを打たれて2点差に迫られる。9回2死、ランナー2人を置いて青木。センターに大きな当たりを飛ばされたが、ラッキーにもフェンス際で失速してくれた。 試合の終盤は完全にヤクルトペース。7点差をひっくり返されていたら、負けを引きずる事になったかもしれない。 点差が離れていたので尾仲を投げさせたの…
コメント:0

続きを読むread more

藤浪2年ぶりの勝利

ミスもあったしホームランも打たれた。それでも、大崩れする事なく勝利投手になれた。長い道のりやったね。 2回、内野安打から始まり、エラーに振逃げ、そしてスクイズで2点を失う。この後の更の1死満塁で追加点を許さなかったのが勝利に繋がった。 7回途中で4失点。球数90球で降板させられて、やや中途半端な感じがする。次は本人もファンも…
コメント:0

続きを読むread more

屈辱の3試合連続完封負け

大山を6番に降格。糸井、サンズ、ボーアのクリーンアップにしたが結果は出なかった。打順だけの問題なのか? 3連戦すべて完封されたのは57年ぶりだとか。歴史的な敗戦になってしまった。 個々の選手の状態が悪いだけで、これだけ無様な負け方はしない。相手が徹底的に分析してきても、投げるのは人。失投もある。それを打てないのは、こちらのマ…
コメント:0

続きを読むread more

2試合連続の完封負け

先日は3安打、この日は4安打で完封負け。相手が菅野なら諦めもつくが、次々出て来る中継ぎをさっぱり打てないとはなあ。 メルセデスにアクシデントが発生して2回で降板。相手ブルペンは大慌てしたはず。しかし、緊急登板の田中に2イニングを抑えられると、後は1イニングごとに代わるピッチャーに対応出来なかった。 技術の問題なのか、気持ちの…
コメント:0

続きを読むread more

投手戦を惜しくも落とす

髙橋遥が菅野と堂々と渡り合った。残念ながら菅野に完封されて負けてしまったが、髙橋遥が大きく成長するために必要な敗戦だと思おう。 3回までノーヒットピッチングだった髙橋遥だが、4回に岡本にホームランを浴びて先制される。それでも与えた点はその1点だけ。読売打線を7回まで2安打に抑える好投を見せた。 ただ、相手ピッチャーが菅野だった事…
コメント:0

続きを読むread more

秋山5勝目ならず

早めの継投策が裏目に出て、僅差の試合を逃げ切りに失敗。 好投していた秋山を5回で交代。仕掛けが早い方がいいと言っても、別にチャンスでもないところで、なぜ秋山を代えてしまったのか。 連戦の最終日なのでブルペン総動員で抑えようと考えたが、中継ぎが期待通りの働きをしてくれなかったと言うところか。 初回の無死満塁から2点しか奪えず…
コメント:0

続きを読むread more

糸井、サンズ、ボーアが連動して大瀬良をノックアウト

糸井がスタメンで3安打1打点。サンズが先制タイムリーと中押しのツーラン。そして不振だったボーアがタイムリー3本の大暴れ。2桁得点で快勝し、前日の完封負けの鬱憤を晴らした。 2番でスタメン出場した糸井が3安打猛打賞。上位打線が塁に出てクリーンアップが返すという、理想的な攻撃が出来た。 今のところ2番は日替わりの状況。そうなった原因…
コメント:0

続きを読むread more

ルーキーに完封される

広島の大卒ルーキーに;完璧に抑えられただけでなく、ダメ押しタイムリーまで打たれてしまった。同じピッチャーに何度もやられる体質はどうにかならんのかなあ。 森下との対戦はこれで3度目。すべての試合で勝ち星を献上している。特に今回は散発2安打、無四球での完封負け。一歩間違えば完全試合を喰らっていたかもしれない。 今のところ、普通に…
コメント:0

続きを読むread more

ギリギリ逃げ切れた

終始DeNAペースだった試合をなんとか勝って、久々のカード勝ち越し。 青柳はこの日もピリッとしなかった。序盤に3点を奪われ、その後はなんとか0に抑えるものの、6回に先頭バッターにヒットを打たれたところで降板。5勝目がついたのはラッキーとしか言えない。 開幕からの疲れが溜まっているのかもしれない。中4日でリベンジ登板も、打線の援護…
コメント:0

続きを読むread more

ガルシア初勝利

ようやくガルシアに勝ち星がついた。次女が生まれて初めての勝利。おめでとう、ガルシア。 この日のガルシアは球が高かった。初回に楠本に同点ホームランを打たれ、不安な立ち上がりだったが、持ち前のパワーピッチで7回を1失点に抑えた。 これまでも勝てるチャンスがあったのに、初勝利まで長かったなあ。これをきっかけに勝ち運がつけばええね。 …
コメント:0

続きを読むread more

下位打線にやられる

岩貞が4回6安打3失点で2敗目。打たれ方が悪かった。踏ん張りどころで下位打線に打たれてどうする。 2回に大山のホームランで先制するが、岩貞が直後に失点して同点に追いつかれる。4回には四球のランナーを出して、ピッチャーの武藤にタイムリーを打たれて2点を追加された。 下位打線に対してあまりにも不用意だった。ローテ投手がこんなピッチン…
コメント:0

続きを読むread more

投打噛み合い、広島に一矢報いる

この2試合、投打がまったく噛み合っていなかったが、ようやく理想的な試合運びが出来た。いつもこうあって欲しいもんやね。 秋山が6回を1安打1失点に抑える好投を見せた。これで秋山は4連勝で青柳に並んだ。投げ抹消しながらの起用がもったいない。コンディションは悪くないのだったら、このままローテに入れて欲しい。 大山がホームランを含む…
コメント:0

続きを読むread more

また西に援護なし

どうも投打が噛み合わない。せっかく西が好投したのに、打線は大山のソロホームランの1点しか援護出来ず。ランナーを出しても点が入らない。前の日にそこそこ点が取れてたのに、打線を弄る必要があったんやろか。 糸井、大山、サンズのクリーンアップ。ボーアに当たりが出ていないので、打順を1つ下げたんだと思う。それでも、まったく繋がらない。大山も…
コメント:0

続きを読むread more

青柳、想定外の6失点

青柳が序盤に打ち込まれ、3回6失点で降板。その後打線が追い上げを見せたが、中盤に中継ぎも打たれて大敗。 青柳は初回に四球と3連打で2点を失う。2回にはスクイズと松山のスリーランで自身初の被安打10の6失点。 それほど調子が悪いようには見えなかったのに、なぜこんなに打たれたのか不思議。癖とか傾向とかがはっきりと出ていたのかもしれな…
コメント:0

続きを読むread more

髙橋遥人が帰って来た

左肩のコンディション不良で出遅れていた髙橋遥人が今季初登場。7回3安打無失点、11奪三振の見事なピッチングを披露した。打線も先制、中押しと順調に点を奪い、終盤に大量点でとどめを刺した。 故障明けの髙橋遥なので、この日は5回2失点だったら御の字と思っていた。それが、序盤をパーフェクトに抑えると、勝ち投手の権利がつく5回を乗り切り、気…
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、またも勝てず

藤浪が8回4失点。今回もピッチングそのものは悪くなかったが、どうも無駄な失点があったり、打線の援護が無かったりで3敗目を喫した。 課題のコントロールは四球が1つだけ。打たれたヒットも4本。そして奪三振は7。エース級のピッチングを見せた。 藤浪に課題があるとすれば、たった1つの四球が先制点に繋がった事や、自らのエラーがきっかけ…
コメント:0

続きを読むread more

追撃ムードをミスで潰す

3点ビハインドの6回、サンズのホームランで1点差に迫ったが、終盤にミス連発で点差を離されて、またも借金生活に。 1点ビハインドの8回に馬場が登板。0に抑えていれば連夜の勝ち星の可能性があったが、この日は大コケした。ヒット、四球でランナーを出してしまい、動揺していたと思う。そこへピッチャーゴロ。判断ミスと悪送球。最悪の結果。  ど…
コメント:0

続きを読むread more

早い仕掛けで逆転勝ち

馬場が満塁のピンチを辛うじて切り抜けると、大山の逆転タイムリーが飛び出した。後はリリーフ陣がしっかりと抑えて、連敗をストップ。 ここのところ先発の引っ張り過ぎが気になっていたが、この日は5回裏の攻撃で、1失点の岩貞に代打福留を送った。代打策は失敗だったものの、この采配が試合を動かしたと思う。 馬場は3四球も出しながら、よく踏…
コメント:0

続きを読むread more

反省いっぱいの敗戦

勝負を避けてもいい場面で打たれたり、勝負どころで無策だっだったりと、突っ込みどころ満載の試合だった。「こんな日もある」で済ましていてはいけない。 西が自己ワーストの4被弾。初回のソト、4回の大和。共にツーアウトを取ってからのソロホームラン。早くイニングを終わらせたいという意識が強すぎたか。 5回は死球と牽制悪送球でピンチになりな…
コメント:0

続きを読むread more

打線の梅雨明けはいつ?

景気よくホームランで先制したものの、青柳がリードを守りきれず引き分け。もう少し援護が欲しかった。 4回に梅野のスリーランが出て、ようやく打線に勢いがつくと思ったが、取った点はその3点だけ。クリーンアップの前にランナーが出ないので、得点につながらんわな。 青柳を7回まで引っ張って打たれたのは仕方ない。しかし、リリーフち馬場を起…
コメント:0

続きを読むread more