ギリギリ逃げ切れた

終始DeNAペースだった試合をなんとか勝って、久々のカード勝ち越し。 青柳はこの日もピリッとしなかった。序盤に3点を奪われ、その後はなんとか0に抑えるものの、6回に先頭バッターにヒットを打たれたところで降板。5勝目がついたのはラッキーとしか言えない。 開幕からの疲れが溜まっているのかもしれない。中4日でリベンジ登板も、打線の援護…
コメント:0

続きを読むread more

ガルシア初勝利

ようやくガルシアに勝ち星がついた。次女が生まれて初めての勝利。おめでとう、ガルシア。 この日のガルシアは球が高かった。初回に楠本に同点ホームランを打たれ、不安な立ち上がりだったが、持ち前のパワーピッチで7回を1失点に抑えた。 これまでも勝てるチャンスがあったのに、初勝利まで長かったなあ。これをきっかけに勝ち運がつけばええね。 …
コメント:0

続きを読むread more

下位打線にやられる

岩貞が4回6安打3失点で2敗目。打たれ方が悪かった。踏ん張りどころで下位打線に打たれてどうする。 2回に大山のホームランで先制するが、岩貞が直後に失点して同点に追いつかれる。4回には四球のランナーを出して、ピッチャーの武藤にタイムリーを打たれて2点を追加された。 下位打線に対してあまりにも不用意だった。ローテ投手がこんなピッチン…
コメント:0

続きを読むread more

投打噛み合い、広島に一矢報いる

この2試合、投打がまったく噛み合っていなかったが、ようやく理想的な試合運びが出来た。いつもこうあって欲しいもんやね。 秋山が6回を1安打1失点に抑える好投を見せた。これで秋山は4連勝で青柳に並んだ。投げ抹消しながらの起用がもったいない。コンディションは悪くないのだったら、このままローテに入れて欲しい。 大山がホームランを含む…
コメント:0

続きを読むread more

また西に援護なし

どうも投打が噛み合わない。せっかく西が好投したのに、打線は大山のソロホームランの1点しか援護出来ず。ランナーを出しても点が入らない。前の日にそこそこ点が取れてたのに、打線を弄る必要があったんやろか。 糸井、大山、サンズのクリーンアップ。ボーアに当たりが出ていないので、打順を1つ下げたんだと思う。それでも、まったく繋がらない。大山も…
コメント:0

続きを読むread more

青柳、想定外の6失点

青柳が序盤に打ち込まれ、3回6失点で降板。その後打線が追い上げを見せたが、中盤に中継ぎも打たれて大敗。 青柳は初回に四球と3連打で2点を失う。2回にはスクイズと松山のスリーランで自身初の被安打10の6失点。 それほど調子が悪いようには見えなかったのに、なぜこんなに打たれたのか不思議。癖とか傾向とかがはっきりと出ていたのかもしれな…
コメント:0

続きを読むread more

髙橋遥人が帰って来た

左肩のコンディション不良で出遅れていた髙橋遥人が今季初登場。7回3安打無失点、11奪三振の見事なピッチングを披露した。打線も先制、中押しと順調に点を奪い、終盤に大量点でとどめを刺した。 故障明けの髙橋遥なので、この日は5回2失点だったら御の字と思っていた。それが、序盤をパーフェクトに抑えると、勝ち投手の権利がつく5回を乗り切り、気…
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、またも勝てず

藤浪が8回4失点。今回もピッチングそのものは悪くなかったが、どうも無駄な失点があったり、打線の援護が無かったりで3敗目を喫した。 課題のコントロールは四球が1つだけ。打たれたヒットも4本。そして奪三振は7。エース級のピッチングを見せた。 藤浪に課題があるとすれば、たった1つの四球が先制点に繋がった事や、自らのエラーがきっかけ…
コメント:0

続きを読むread more

追撃ムードをミスで潰す

3点ビハインドの6回、サンズのホームランで1点差に迫ったが、終盤にミス連発で点差を離されて、またも借金生活に。 1点ビハインドの8回に馬場が登板。0に抑えていれば連夜の勝ち星の可能性があったが、この日は大コケした。ヒット、四球でランナーを出してしまい、動揺していたと思う。そこへピッチャーゴロ。判断ミスと悪送球。最悪の結果。  ど…
コメント:0

続きを読むread more

早い仕掛けで逆転勝ち

馬場が満塁のピンチを辛うじて切り抜けると、大山の逆転タイムリーが飛び出した。後はリリーフ陣がしっかりと抑えて、連敗をストップ。 ここのところ先発の引っ張り過ぎが気になっていたが、この日は5回裏の攻撃で、1失点の岩貞に代打福留を送った。代打策は失敗だったものの、この采配が試合を動かしたと思う。 馬場は3四球も出しながら、よく踏…
コメント:0

続きを読むread more

反省いっぱいの敗戦

勝負を避けてもいい場面で打たれたり、勝負どころで無策だっだったりと、突っ込みどころ満載の試合だった。「こんな日もある」で済ましていてはいけない。 西が自己ワーストの4被弾。初回のソト、4回の大和。共にツーアウトを取ってからのソロホームラン。早くイニングを終わらせたいという意識が強すぎたか。 5回は死球と牽制悪送球でピンチになりな…
コメント:0

続きを読むread more

打線の梅雨明けはいつ?

景気よくホームランで先制したものの、青柳がリードを守りきれず引き分け。もう少し援護が欲しかった。 4回に梅野のスリーランが出て、ようやく打線に勢いがつくと思ったが、取った点はその3点だけ。クリーンアップの前にランナーが出ないので、得点につながらんわな。 青柳を7回まで引っ張って打たれたのは仕方ない。しかし、リリーフち馬場を起…
コメント:0

続きを読むread more