ひっくり返されなくてよかった

大量リードの8回。青木にグランドスラムを打たれて2点差に迫られる。9回2死、ランナー2人を置いて青木。センターに大きな当たりを飛ばされたが、ラッキーにもフェンス際で失速してくれた。

試合の終盤は完全にヤクルトペース。7点差をひっくり返されていたら、負けを引きずる事になったかもしれない。

点差が離れていたので尾仲を投げさせたのは間違いではないが、打順を考えると満塁になってしまう前に交代させるべきだった。そして満塁になってしまって、リリーフ経験の浅い岩貞を起用したのも問題。常に最悪の展開を想定しておかないといけない。

西はいつも通りの安定したピッチングで、7回を3安打1失点。西が投げるときは安心して見ていられる。

大山が久し振りにホームランを放った。試合のペースをつかむ先制スリーラン。でも、4番を外れたら打ち始めるってどういう事よ。

この記事へのコメント