反省いっぱいの敗戦

勝負を避けてもいい場面で打たれたり、勝負どころで無策だっだったりと、突っ込みどころ満載の試合だった。「こんな日もある」で済ましていてはいけない。

西が自己ワーストの4被弾。初回のソト、4回の大和。共にツーアウトを取ってからのソロホームラン。早くイニングを終わらせたいという意識が強すぎたか。
5回は死球と牽制悪送球でピンチになりながらも、なんとかツーアウトまでこぎつけた。ここで相性の悪い佐野と勝負する必要があったのか。梅野のリードは明らかに勝負を避けていた。それがたまたま追い込んだので欲が出たように思う。

ベンチワークも後手を踏んでいた。
4回の梅野のタイムリーで同点に追いついて、尚もチャンスが続いていたのに勝ち越す事が出来なかった。
今永がこの試合で一番苦しんだ場面。木浪が進塁打を打って、ランナーを3塁に進めていればもっと苦しくなったはず。植田に代打を出していれば、どうだったか。少なくとも、初球に手を出して内野ゴロにはならなかったと思う。

5回の裏、西に代打を送らなかったのも疑問。同じ失敗を繰り返している西に対して、なぜダメ出ししなかったのか。案の定、続投させた事が裏目に出て、6回に4本目の被弾。

前日の青柳の代え時もそうだが、あまりにも成り行き任せにしていないか。もっとベンチが積極的に試合をコントロールしないといけない。打順の組み替えだけがベンチの仕事ではない。

この記事へのコメント