投手戦を惜しくも落とす

髙橋遥が菅野と堂々と渡り合った。残念ながら菅野に完封されて負けてしまったが、髙橋遥が大きく成長するために必要な敗戦だと思おう。

3回までノーヒットピッチングだった髙橋遥だが、4回に岡本にホームランを浴びて先制される。それでも与えた点はその1点だけ。読売打線を7回まで2安打に抑える好投を見せた。
ただ、相手ピッチャーが菅野だった事が不運だったというだけ。

菅野から学んだ事もあるだろう。それは必ず髙橋遥のこれからの成長に繋がると思う。期待してるよ。

打線については「4番の差」、この一言に尽きる。

この記事へのコメント