ようやく甲子園開幕

長雨も一息、ようやく甲子園で今季初試合が行われた。先ずはホーム開幕戦に勝利して、これで3連勝。

膠着した試合をボーアが一振りで決めてくれた。まさに主砲の仕事。本当にバースのようになってくれるかもしれない。
大山もマルテの怪我以降、結果を出し続けている。もはや代役ではない。

ガルシアは6四球を出す大荒れのピッチングだったが、被安打1で6回無失点。パワーで読売打線をねじ伏せた。投げている間に点を取ってやって欲しかった。

球児は失点しながらも辛うじて逃げ切った。年齢による衰えを気にする声もあるが、登板数が少ないために、勝負感が掴めてないだけだと思う。出番が増えれば球児らしいピッチングが見られるはず。

それにしても雨がよく降る。3試合も連続で中止なんて記憶にない。これが今後の6連戦の移動日に入るのだから、当然日程は厳しくなる。
無観客試合が流れて、球団は嬉しいだろうが、選手はたまらんやろなあ。

この記事へのコメント