ナゴドらしい試合展開で敗戦

西が好投するも、不運なタイムリー内野安打の1点だけで敗戦。クリーンアップの誰かが一発打っていれば、違う流れになったのになあ。

今シーズン最初のナゴドの試合も5安打で無得点だった。この日は散発4安打無得点。点が取れそうだったのは6回に先頭サンズがツーベースを打ったところだけ。しかし、ここも大山、ボーア、福留が相次いで凡退した。

結果的に、2死3塁で三振した阪神が負け、同じ場面で討ち取られながらも内野安打になった中日が勝った。
ナゴドの呪いは既に解けているはずだが、今でも時々重苦しい試合になって、得体のしれない力が働く事があるように思う。

この記事へのコメント