北條の走者一掃タイムリーで逆転勝ち

5回のチャンスでスクイズに失敗し、三振に倒れた北條。7回の満塁のチャンスでは意地を見せ、走者一掃のタイムリーを放った。

ショートのレギュラーに定着出来ず、糸原の故障でようやく出番が回ってきた。何度目のチャンスやろ。今回こそはものにして欲しい。エラーしてるようではアカンよ。

陽川、中谷、植田をスタメンに起用。右バッターを並べて大野対策をした。大野を打ち崩す事は出来なかったものの、粘って球数を稼いで5回で降板させる事が出来た。大山が一発を放って1点差にしておいた事も含めて、これが勝利への伏線だったと思う。

青柳の立ち上がりは、まるで魔法が解けてしまったかのように酷い内容だった。しかし、3回以降は立ち直り、代打を送られた直後に逆転してもらって4勝目。
ピッチング内容がいいし、修正も出来るようになった。おまけに今年はツキも持っている。本当にタイトルを取ってしまうかも。

この記事へのコメント