接戦を勝ちきれず

ガルシアが7回を1失点に抑えたものの、スアレスが逆転されて逃げ切れず。近本のタイムリーで辛うじて延長に持ち込んで引き分けた。

これが昨年までのチームなら、9回に追いつく事が出来なかったかもしれない。それどころか、得点すら取れてなかったかもしれない。そう言う意味では打線に底力が付いて来たと思う。
しかし、スアレスが未だに不安定なところに加えて、大事な場面でタイムリーエラーをするなど、詰めの甘いところが出てしまった。チームの弱点が出て勝ちを逃したのが心配やね。

ガルシア、ナイスピッチング!相変わらずランナーを出すが、しっかりと粘りを見せてくれた。
サンズはこの日もホームランとタイムリーの2打点。ボーアが欠場している分まで頑張ってくれている。外国人が3人揃ったらどんな打線になるか楽しみやね。

糸原が右手有鈎骨の骨折で長期離脱が決定的。調子がよかっただけに痛い。北條が攻守で糸原の穴を埋めてくれたらええんやけど。

この記事へのコメント