下位打線の活躍で最下位脱出

梅野、木浪の活躍でシーソーゲームをものにした。まだ借金は残っているものの、先ずは5位浮上。

秋山が6回3失点で今季初勝利。しかし、初回に連続四球から失点したり、逆転してもらった直後にホームランを浴びたりと、内容はあまりよくなかった。次は納得のいく投球で勝ち投手になってもらいたい。

4回に満塁のチャンスで、梅野のタイムリーと木浪の犠牲フライで試合をひっくり返す。すぐに追いつかれるものの、糸井のタイムリーで再び勝ち越し。そして、木浪のレフトポール直撃のツーランで試合を決めた。
ヒーローインタビューは糸井と木浪だったが、梅野も立派なヒーロー。下位打線の活躍で粘り勝ち出来た。

この日は馬場、岩崎、スアレスが無難に締めてくれた。パーフェクトリリーフが見れるのを期待してるよ。

この記事へのコメント