能見までもが

1点ビハインドの7回、慎重を期して能見を投入したものの、結果はグラスラを喰らって敗戦。

青柳は、ゴロアウトを大量生産する素晴らしいピッチングだった。四死球がもう少し減ればと思うが、それも持ち味なんやろなあ。次も頑張って欲しい。

それにしても中継ぎが安定しない。登板すれば失点している印象がある。簡単にランナーを出してしまい、粘りもない。気持ちが乗っていないように見えるのは、ベンチワークが悪いのかもしれん。

打線は今季2度目の完封負け。柳の変化球に翻弄された。
球種を絞るとか、低めを捨てるとか、バッティングコーチはちゃんと指示したんかな。

この記事へのコメント