CSファイナル初戦を落とす

先発望月が序盤に5失点。打線も山口俊を攻めきれなかった。

大舞台の初戦に望月を起用したのは、シーズン終盤から必死で戦ってきたしわ寄せが出て来たのだと思う。ガルシアが後ろに回り、西が負傷し、先発の枚数が不足している。この日、岩貞を上げたのは、先発とリリーフの両睨みだと思う。

望月は初回にソロホームラン2本、2回にタイムリー2本で計5失点。どちらも2死から打たれた。ほっとしたところをやられてしまった。いい経験にして欲しい。

4回の2死満塁での大山の打席がターニングポイントだった。
あのイニング、山口俊は苦しんでいた。7番打者ということを考えれば、余程の確信がないと初球打ちはまずい。粘れば相手が自滅したかもしれないし、原監督の性格だとピッチャーを代えてくれたかもしれない。

負けたものの岩貞、能見、守屋が3回以降シャットアウト。丁寧に行けばそれほど点を取られることはない。

この記事へのコメント