6点差跳ね返してCS1王手

青一色と言ってもいいスタンド。赤やオレンジは慣れてるんやけどね。そんなアウェイ感一杯の中、諦めない気持ちで逆転勝ちしてくれた。

初回、西が筒香のスリーランを含む5連打で、1アウトも取れずにノックアウトされる。中盤には4番手島本が4失点。
打線は石田から1点を取るのがやっと。リリーフ今永にも抑え込まれて、6回を終ったところで6点のビハインド。
こんな展開でまさか逆転するとは思わなかった。

DeNAとの相性や得意な球場というのもあるだろうが、それ以上に逆転CSを果たした事が、選手に大きな自信を与えてるんだと思う。何とかしようという気持ちが大事ということをシーズン終盤に学んだんやと思う。

北條と木浪が素晴らしい活躍を見せてくれた。北條は自身初の1試合5打点。途中出場の木浪は2安打2打点。
同い年で同じショートを争うライバル同士。あいつが打ったのなら俺も打つという気持ちやったんかな。
近本も3安打2盗塁。繋ぎ役としての役目をしっかり果たしてくれた。

矢野監督のどっしりとした采配も逆転に繋がった。
ジョンソンが緊急帰国したので、リリーフが1枚少ないところに、西が早々にノックアウトされた。それでも次々とピッチャーを投入して打線の援護を待った。
9回に球児をマウンドに送り出した時点で、残っているピッチャーは望月だけ。同点に追い付かれたらどうするのかと思ったが、その時はその時と腹をくくっていたらしい。
意外にも勝負師タイプなのかもしれない。

さあ、流れはこちらにある。連勝で東京行きを決めて欲しい。

この記事へのコメント