早めのドリス投入が裏目

勝負を賭けた作戦が空回り。もっとどっしりと構えた采配をして欲しいもんやね。

5回の攻撃で岩貞に代打を送り、その裏にドリスをマウンドに送った。
この時点で2点のビハインド。何とか試合を動かしたかったんだと思うが、1死ランナーなしで代打を出す必要はなかったと思う。

ドリスには早いイニングで行く事を伝えてあったのか。例え伝えていたとしても、元クローザーとしてのプライドを考えてみたのか。雑な使い方をすると選手が潰れる。

2戦目で勝てたので、置いてけぼりを喰らわずに済んだ。まだ少しは可能性が残っている。

この記事へのコメント