髙橋遥、拙攻拙守で力尽きる

打てず守れずで髙橋遥の足を引っ張り、6回にとうとう炎上。どうにかならんもんかね。

糸井を1番に上げて、ソラーテを3番に入れた。糸井の盗塁失敗は1番としての役目を果たそうとして空回りしたんだと思う。

いつもながら打てない打線。それに加えて、ゲッツーと思った打球がタイムリーエラーになったり、打ち取ったと思ったフライが弛いチャージでヒットになったりでは、ピッチャーはたまったものではない。
打てないのだから、せめてしっかりと守って欲しい。

鉄壁内野陣の一角の鎌田実氏がお亡くなりになった。
心よりご冥福をお祈りいたします。

この記事へのコメント