2死からの6連打で一気に逆転

湿っていた打線が突然息を吹き返した。劣勢の5回、2死ランナーなしから怒涛の6連打で、一挙5点を奪って試合をひっくり返した。

先ずは代打木浪のヒット。ここから近本、北條の連続ツーベースで1点差に迫る。福留が内野安打で繋いで、マルテのタイムリーで同点に追いついた。そして仕上げは、この日5番に上げた大山がツーベースを放って、試合をひっくり返した。

ここ2試合は貧打と拙攻で、まるで鬼門ナゴドが復活したかのような感じがした。この日も4回まで無得点。嫌なムードを今季初の6連打で振り払った。

6回には木浪が押しホームラン。レギュラー剥奪どころか、ファーム落ちまで経験したが、それをバネにしてよく頑張った。

能見が今季初勝利。40歳での勝ち星、おめでとう。

この記事へのコメント