大山、6番降格にサヨナラ弾で応える

よほど降格が悔しかったのか、それとも重圧から解放されて本来の力が出せたのか、大山がサヨナラスリーランを放った。今度は自力で4番の座を奪え!

糸井が抹消された。福留を3番に据えたが、ベテランにはきつい打順。福留まで故障しないように願う。

そして4番マルテ、5番ソラーテのクリーンアップ。ここまで頑なに大山を使い続けていたのに、とうとう6番に下げた。
チャンスに弱い、守備面でもミスが多い。それでも4番として育てるために打順を変えなかった。シーズン終盤になって、そうも言ってられなくなったんかな。

2点ビハインドの9回裏、先頭のマルテがヒットで出塁。ソラーテが四球を選んで無死1・2塁でバッターは大山。
当然サヨナラホームランを打って欲しいが、その可能性は低い。せめてヒットか四球で繋いでくれれば。絶対に見逃し三振や内野フライはするな。そんなネガティブな期待しか出来なかった。まさかファーストストライクを打って試合を決めるとは思わなかった。

大山の良さは初球から思い切って振ってゆく積極性だった筈。それが4番を任されるようになって、初球の甘い球を簡単に見逃す場面が増えた。この打席は以前の大山そのもの。これをきっかけに、元の大山に戻ってくれたらええね。

この記事へのコメント