点の取り合いに勝つ

日頃は点を取れない打線が、この日は点を取られても取り返してくれた。最後は勝ちパターンで広島打線を沈黙させた。

青柳は左バッターを揃えた広島打線に対応出来なかった。対左の被打率が3割を越えているのを何とかしないと、これからも苦労する事になる。

この状況で4回に青柳をスパッと代えた、矢野監督の判断は素晴らしかった。3点のリードを守れずに逆転されると、流れが一気に相手に行ってしまう。保守目線で見て、青柳が立ち直れそうにないと判断したのだと思う。

4回、1死1塁で鳥谷が代打で登場。久し振りのヒットでチャンスを広げた。そして、糸原がスリーランを放って勝ち越し。
鳥谷のヒットが活きてよかった。糸原も無駄にしてはいけないと思ったんやろなあ。

近本、糸原が共に3安打。そこへ糸井が3安打3打点。マルテも調子を上げていて、打線に繋がりが出て来たのはいい傾向やね。

藤浪がファーム戦で5四球1死球の大荒れだったらしい。1軍復帰はまだまだ先になりそうやなあ。

この記事へのコメント