サヨナラ押し出しで自力優勝消滅

松坂を打ち崩せず投手戦になって、またもやリリーフで負け。投手陣頼みのチームの限界かもなあ。

近本が出塁して、糸井で返す。前日からこのパターンが決まってる。これが打線の強みなのだが、如何せんそれ以外のバッターが打ってくれないのだからどうしようもない。

岩田は初回に無死満塁のピンチを迎え、内野ゴロとタイムリーで2点を失うが、その後は立ち直って6回を2失点。
立ち上がりに失敗するとそのままズルズル行ってしまう悪癖が無くなったのはいい事やね。

この記事へのコメント