接戦制して連敗ストップ

青柳が持ち味を活かして粘りのピッチングを見せた。これでメッセンジャーや西を超える、チームハーラートップの4勝目。青柳が勝ち頭になるなんて思いもしなかった。

2回のピンチでマルテの本塁送球が逸れて1点を失ったが、直後に併殺でピンチを脱し、同点で踏ん張った。その後も内野ゴロを打たせるピッチングで、余力を残して6回で降板。あっぱれな内容だった。

打線は初回に福留のタイムリーで先制。追いつかれてからは、4回に梅野のサードベースに当たるラッキーなタイムリーと、木浪のタイムリーで勝ち越した。
あまりチャンスは作れなかったものの、ここぞの場面で打てたのは収穫。欲を言えば、5回のチャンスで大山にタイムリーを打って欲しかった。

7回に能見が村上にソロホームランを打たれ、流れが向こうに傾いたが、ジョンソンとドリスが流れを断ってくれた。
ジョンソンはストレートの威力も変化球の切れも抜群。ピンチで山田、雄平にバットに当てさせず三振を奪った。
ドリスも最後のバッター、バレンティンのバットをへし折って、内野ゴロ併殺でゲームセット。

得点力があまりなくても、後手に回らず終盤まで持ち込めばなんとかなる。それがよく分かる試合だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック