完封を免れるのがやっと

せっかく読売に連勝したというのに、甲子園に戻って来て広島に3連敗。東京で打ちまくった打線はどうなってしもたんや。

秋山が初回に2失点。前日の試合と同様に追いかける展開になった。その後も踏ん張り切れずに小刻みに失点し、5回5失点で降板。
基本投げ抹消なので登板間隔が空く。それが影響してるのかもしれんね。

前日タイムリー欠乏症だった打線は、この日更に重症化してヒット欠乏症になった。
中軸打線の打撃力の差がそのまま勝ち負けに繋がったように見える。
最後の最後で大山、中谷で1点が入ったが、打つのならこの場面やないやろと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック