終わってみれば大敗

1点を争う好ゲームだったのに、9回2死から3投手がめった打ちにされて7失点。9回裏の楽しみが消えた。

西はいつもながらの好投を見せ、8回を3失点。そのうち2点はマルテの記録に残らないエラーなので、終盤まで完璧に広島打線を抑えていたと言ってもいい。
これで西は4敗目。打線が普通に打っていたら、いくつ勝ち星に変わっていたことやら。

ジョンソンが登板過多なので、9回の投手起用がああなったのはやむを得ない。
島本が2死を取って、あと一人のところで守屋に代えたのが裏目に出た。それほどのピンチでもなかったのだから、島本を信用してやって欲しかった。

近本が調子を落としている。無理をしすぎて故障しないか心配になる。代打や代走でも切り札になるので、一度スタメンから外すのも手だと思う。

大山もノーヒット。近本や糸原と違って4番のノーヒットは悪目立ちする。3割が理想だが、せめて2割8分ぐらいは打って欲しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック