投手陣の踏ん張りで逃げ切り

2度の満塁のピンチを切り抜けての勝利。秋山とマテオの踏ん張ってくれたお陰やね。それにしても胃が痛くなる試合が続く。

秋山が6回1失点で今季初勝利。ラスト・イニングにちょっとグラっとしたが、それ以外は安定したピッチングだった。

初回、西岡がショート京田のエラーで出塁。2死からロサリオ、福留が相次いで二遊間を破って先制。当たりがよくなかった分、1点をもぎ取ったという感じがした。
4回には四球のロサリオを1塁に置いて、大山がライトへツーラン。右方向にへ力で持っていった。今シーズン、何本打つのか楽しみやね。
中日先発のジーは2桁勝利を2度達成しているピッチャーで、おまけに初対戦。8回まで4安打に抑えられながらも、エラーや四球を足掛かりになんとか得点に結びつけられてよかった。

この日は投手陣の踏ん張りが光った。
先発秋山は5回まで順調に投げていたが、6回に球審飯塚の謎判定でペースを乱し、1点を失って更に連続四球2死満塁。ここは福田を三振に仕留めて切り抜けたが、8回に今度はマテオが無死満塁のピンチを迎える。せめて同点止まりで切り抜けてくれと思っていた。しかし、ここでマテオのスイッチが入る。高橋をショートフライに打ち取ると、続く福田はサードゴロ。5-4-3のダブルプレーで無失点で切り抜けた。マテオ、大きなガッツポーズ。まるで昇龍拳w
この日のスタメンセカンドは西岡。前の回の攻撃で9番まで打順が回っていたら、鳥谷が代打で出ていた。もし鳥谷がセカンドの守備についていたらゲッツーは完成してなかったかもしれない。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 投手陣が踏ん張っての勝利

    Excerpt:  昨日のことがあったから、ランナーが溜まって、ピッチャーの投げる球がボール、ボールと続くとヒヤヒヤしてたんやけど、昨日とはピッチャーが違いました。秋山、桑原、マテオ、ドリスと繫いで逃げ切.. Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2018-04-08 23:39