お粗末野球で京セラ開幕戦を落とす

藤浪の独り相撲と内外野の守備の連係のミスで、勝ててもおかしくない試合を落とした。

先発藤浪が初回に大乱調。先頭バッターに四球を与えるとすぐさま盗塁を決められ、送りバントの処理で1塁に悪送球。続くバッターのときにワイルドピッチであっけなく先制を許す。糸井のファインプレーと逆転ツーランにいったんは救われ、その後は立ち直ったかに見えたが、5回2死2・3塁のピンチで大島、京田にストレートの四球を与えて同点にしてしまった。

藤浪は、初回と5回は新人投手かそれ以下の内容。それでも、失点しなかったイニングだけ見ると復活を期待したくなる。これからも先発ローテの一角として考えるのか、いったんファームに落とすのか、首脳陣は悩んでることやろなあ。この際、藤浪の過去の実績はチャラにして、ファームで他のピッチャーと横一線で競わせたらどうやろか。はい上がってこれなければ戦力外。それくらいの厳しさが必要とちゃうかな。

8回、平田の打球を鳥谷と糸井がお見合い。そこから岩崎が崩れて逆転を許した。打ち取った当たりなのに、これではピッチャーが気の毒。今シーズンはフライ処理で内外野のどちらが取るのか徹底されていないように見える。衝突は避けて欲しいが、お見合いしてしまってはなあ。

攻撃の方も得点機に決めきれなかった。6回、無死2・3塁でロサリオ、福留、大山が相次いで凡退。9回1死3塁の場面では梅野が見え見えのスクイズを仕掛け、ピッチャーゴロ併殺で試合終了。

6回のは選手がなんとかしないといけなかったが、9回はベンチワークのミスだと思う。仮にスクイズが正解だとしても、厳しいバントシフトが敷かれているのになぜセーフティースクイズだったのか。梅野=バントのイメージを相手チームも持っているのだから、裏を掻いて強打はなかったのか。あるいは、外野フライを期待して代打伊藤隼を考えなかったのか。悔いの残る終わり方やったなあ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • がっかり続きの試合

    Excerpt:  開幕前、今年はアカンやろうと思いながらも、そこはそれ、虎ファンの性(さが)と言いましょうか、やっぱりちょっとは期待しているんやけどねえ。今日みたいな試合されるとがっかりですわ。こんな試合しとったら、.. Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2018-04-07 23:24