田口を攻略するも投手陣が踏ん張れず

打線は2戦続けて好調だったが、投手陣が打たれて逆転負け。藤浪、あっぷあっぷしながらも勝ち投手になれそうやったのになあ。

藤浪が本来の姿に戻っていないのは想定内。福留のファインプレーや梅野のキャッチングに助けられながらも、5回まで2失点で済んでよかったと思う。6回にヒットと連続四球で無死満塁のピンチを迎えてマウンドを降りたが、これも想定内。わかっていながら継投に入らなかったベンチの問題だと思う。監督、コーチは1年を見越して続投を決めたようだが、そんな藤浪への期待が逆に藤浪にプレッシャーを与えているように思う。今の藤浪には、勝ち星をつけてやる方が薬になるんとちゃうかな。

藤浪の後を受けた岩崎が押し出しとタイムリーで2点を失い、藤浪の勝ちを消した。岩崎も精一杯のピッチングをしたが、シーズン初登板で無死満塁は厳し過ぎた。

誤算だったのは桑原と球児。
桑原は7回のマウンドに上がり、いきなりマギーにツーベースを浴びる。その後、1死1・2塁から小林にタイムリーを打たれて勝ち越しを許した。オープン戦から調子が上がっていないように見える。昨シーズンの登板過多の影響でないことを祈りたい。
球児はランナーをためたところで、岡本に初球のフォークをホームランにされてしまった。球は走っているように見えた。この回からキャッチャーが坂本に代わっていたが、リードに問題はなかったんやろか。
評論家の阪神優勝の根拠はリリーフ陣が去年と同じ働きをしたうえで、ロサリオが加入した打線の爆発を予想したもの。リリーフ陣がこれだけ失点するとどうしようもない。

打線は俊介を除く先発野手全員安打。この日は1番に俊介、2番に上本を起用した。
初回に糸井のソロホームランが飛び出す。東京ドームの狭さをアピールするように、片手で軽くスタンドに運んだ。3回にはロサリオ、福留、大山の3連続タイムリーでリードを広げた。クリーンアップ+1がしっかりと機能してくれている。
ただ、問題は2つの牽制死。初回ヒットで出た上本がアウトに。3回には2塁のロサリオがリードを大きく取り過ぎて戻れず。どちらもアウトになった後にホームランやタイムリーが出ているので、2点損したことになった。3回で6-0であれば、その後の試合展開も変わったかもしれない。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】巨人に連勝ならず【2018観戦試合①】

    Excerpt: (東京ドーム)阪 神103 000 000=4巨 人002 002 13X=8<投手>(神)藤浪-岩崎-桑原-藤川球(巨)田口-谷岡-澤村-上原-カミネロ○澤村1勝●桑原1敗<本塁打>(神)糸井1号ソ.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の四 racked: 2018-04-02 08:26