これで補強は終わりかな

韓国ハンファを退団したロサリオ内野手を獲得。年俸は単年で3億4000万円。1年目ではグリーンウェルを抜いて最高額らしい。神のお告げがなければいいが…

下馬評通りにホームランを40発打ってくれたら、4番を固定出来て、スタメンは組みやすくなると思う。いかんせん、想定通りにならんのが阪神の外国人選手事情なのよね。期待されてない選手の方が大活躍してくれたりする。中谷の上積み、髙山と原口の復活、大山の成長に期待した上でプラスアルファ程度に考えておきたい。

今季は戦力外も少なければ、大きな補強もなかった。F中田が残留したのも想定外だったと思うが、それより異例の時期に球団上層部が総入れ換えになったのが原因やないやろか。中継ぎが来季も大奮闘してくれる保証はない。

大和がFA権を行使してDeNAに移籍した。内外野どちらの守備がよく、スイッチヒッターへの挑戦に成功して打撃も良くなった。そんな選手が流出したのは痛い。しかし、上本の年俸の倍額で複数年契約というのが本当に正しい評価なんやろか。お金の面だけなら残留していたやろね。結局はレギュラーが保証されるかどうかで決断した。そこら辺りはチーム事情なので仕方ない。植田海、糸原、北條、頑張れよ。

一方のDeNAはセンターラインが強力になって大きな脅威になる。大和はいい居場所が見つかってよかったと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック