5点差をひっくり返す

能見が初回に2発のホームランで5点を失い、4回5失点でノックアウト。打線は大瀬良からチャンスを作りながら、上本のタイムリーの1点だけ。試合後の優勝セレモニーに華を添える事になりそうな試合展開だった。しかし、6回に福留のヒットを足掛かりに、大和、伊藤隼のタイムリーで2点差にして大瀬良をノックアウト。2番手九里から俊介のタイムリー内野安打で1点差に迫る。その後満塁から糸井のファーストゴロをメヒアが弾いて同点に追いつく。8回1死2・3塁のチャンスで上本がレフト線へ2点タイムリーを放ってとうとう勝ち越し。リリーフ陣もこの日はノーヒットで繋ぎ、最後は桑原-マテオ-ドリスの勝ちパターンで勝利。

祝賀ムードの広島は主力が早々と交代した。それでも、フル出場していた上位打線を2回以降は完璧に抑え、大瀬良をノックアウトして5点差をひっくり返した。リリーフ陣もリベンジ出来て、CSに向けていい材料やね。

久し振りに今年の阪神らしい勝ち方を見せてもらった。後は先発がどれだけ長く投げられるかやね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】広島に逆転勝ち!

    Excerpt: (マツダスタジアム) 阪 神001 004 020=7 広 島500 000 000=5 <投手> (神)能見-岩崎-藤川球-桑原-マテオ-ドリス (広)大瀬良-九里-中田-ブレイシア ○.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2017-09-25 18:20