ミスの繰り返しで接戦を落とす

序盤のミスを一度は取り返したというのに、終盤にまたミスが出て、試合を壊してしまった。負け投手になったドリスが気の毒過ぎる。 同点で迎えた9回表、マウンド上にはマテオ。大島のヒットと盗塁、平田への四球で1死1・2塁。ここでビシエドの三遊間のゴロに北條が追いつくが、どこにも投げられず。サードに投げていればタイミング的にアウトだったが、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

投打がかみ合って快勝

大野から6点を奪って快勝。今シーズン初めて、ひやひやせずに試合を見ていられた。ウル虎の夏ユニフォームが幸運のユニフォームになったらええね。 この日のオーダーは1番中谷、5番キャンベル。鳥谷が調子を落として来たので、北條と打順を入れ替えた。この選手起用と打順が成功した。 序盤はお互いにチャンスを作りながら拙攻で得点出来ず。4回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上本、全得点に絡む活躍

初回いきなりの4連打。完封負けを引きずるんやないかと心配していたが、反発力を見せてくれた 良太を抹消。今年は打撃が開眼したかと期待してたが、ここまで打率は000。ポジションの被るキャンベルが登録されたので仕方ないわな。 そのキャンベルが5番ファーストで初スタメン。きっちりと結果を出してくれた。 打線が井納の立ち上がりを攻め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋山見殺し、今季初の完封負け

秋山が今季最高のピッチングを見せるが、打線が初物ルーキーをさっぱり打てず。 原口を外して中谷を5番ファーストで起用。若手の打撃の調子が落ちてきたら、またオープン戦のようなスタメンになって来た。この日1軍に登録されたキャンベルを含め、今季シーズンも日替りオーダーになる予感がする。 秋山は初回に1点を失うものの、その後はDeNA…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

代役横山、5回1失点で今季初勝利

10安打の読売に5安打で勝利し、このカードを勝ち越した。後の投手陣もよく踏ん張ってくれた。 藤浪のインフルエンザ感染で偶然にも出番が回ってきた横山が先発。1番レフトで起用された中谷ともども、素晴らしい活躍を見せた。 初回に中谷のツーベースを足掛かりに、福留のタイムリーで1点を先制。3回には中谷、上本の連打と糸井の四球で満塁6…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

また田口を打てずに敗戦

いつになったら田口を攻略出来るようになるんやろ。 能見が6回2失点と試合を作るも、打線は初回に1点を取っただけで沈黙。1点が重たい展開の中、終盤にリリーフ陣が失点して敗戦。 能見が6回を2安打に抑える好投を見せるが、ちょっとしたミスと味方の援護がないために負け投手になってしまった。 3回先頭の田口の1塁ゴロで能見が1塁カバ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福留、メッセンジャーの活躍でマイコラスから初勝利

前日の試合ではチャンスに悉く凡退していた福留が、この日は4安打の大活躍を見せた。メッセンジャーは今季自己最長の8回を1失点に抑える好投。投打が噛み合って難敵マイコラスに初めて黒星をつけた。 初回に福留のスリーランで先制。5回には福留がツーベースで出塁すると、ここからマイコラスが自滅。3連続四死球で1点を追加した。先発メッセンジャー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青柳が好投するも、終盤に逆転負け

髙山を外してレフトには中谷。1番北條、2番上本、6番中谷と大野対策の打順にした。大野を苦しめることに成功したかに見えたが、チャンスで左バッターが悉く結果を出せずに不発。 青柳が本領を発揮。6回まで2安打無失点の好投を見せる。前回ノックアウトされたのは自らのエラーで墓穴を掘っただけで、この日のピッチングが実力なんやと思う。 球数が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サヨナラエラーで接戦を落とす

9回裏、サヨナラのピンチを切り抜けたと思った瞬間、鳥谷が痛恨のエラー。悔いが残る敗戦やね。 鳥谷の連続試合出場が1767試合となり、金本監督を抜いて歴代2位に浮上した。この日は2安打2四球と活躍していたのに、最後の最後で味噌をつけてしまった。 昨シーズンほどにエラーは多くないが、守備範囲が狭いと感じたり、アウトにして欲しい打球が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩貞、3度目の正直で今季初勝利

岩貞がこれまでの汚名をそそぐ好投を見せ、今季初勝利をマーク。福留の代役の中谷が決勝犧飛、4試合ぶりのスタメン起用の北條がダメ押しタイムリー。 この日のスタメンは通常営業。福留が休養なので4番原口、5番中谷。7番ショートには北條を起用した。 試合が動きそうでなかなか両チームとも点を取れない、もどかしい試合。5回に岩貞の内野安打…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

投手交代の妙で広島戦カード勝ち越し

藤浪がインフルエンザのために登録を抹消された。前回いいピッチングを見せ、さあこれからというときやのに残念。他の選手にうつってないことを祈る。 代りに伊藤隼を登録。ウエスタンでは打率356でリーディングヒッター。左の代打が手薄なので、代りのピッチャーが上がって来ても、このまま1軍に残るかもしれんね。 この日のオーダーは1番糸原、2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青柳自滅、3回6失点KO

青柳が自身の2つのエラーもあって、序盤に6点のビハインド。打線は岡田から1点しか取れずに、悠々と完投を許してしまった。 この日もスタメンショートは糸原。北條は岡田を得意としていた筈。それでも出して貰えないというのは、余程調子を落としてるんかなあ。 青柳は前回の登板がノーゲームになったので、この日が今シーズン初登板。気持ちが空…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初物ルーキーを攻略して広島の連勝をストップ

プロ初登板でノーノー未遂を演じた加藤を打ち崩しての勝利。鳥谷がいい場面で打ってくれた。 打席が2巡目に入った3回、1死満塁から原口の押し出し四球、鳥谷の2点タイムリーで先制。メッセンジャーは直後に1点を返されるものの、今シーズン初めて7イニングを投げ、強打広島打線を1点に抑える。8回にマテオが1点を失うが、すぐさま髙山のタイムリー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤浪大変身、8回1失点で今季初勝利

藤浪がヤクルト戦とは別人のようなピッチングを見せ、今季先発陣最長イニングを投げて1勝目。いつもこんなピッチングをしてくれたらええねんけどなあ。 藤浪は初回のピンチを乗り切ると、5回まで4安打無失点の安定したピッチングを見せる。打線は井納の前に5回までノーヒットに抑えられ、予想に反して投手戦になった。6回に上本がチーム初ヒットを打つ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梅野が口火を切ってビッグイニング、秋山今季初勝利

梅野のタイムリーからビッグイニングを作り、秋山が今季初勝利。 前日は雨のために早々と中止決定。この日は藤浪をスライドせずに、順番通り秋山を持って来た。今のところは秋山の方が信頼されてるということやろなあ。 初回に福留のタイムリーで先制するも、2回に秋山が崩れて3点を失う。秋山は3回にもピンチを背負うが、ここを併殺で切り抜ける…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

一発攻勢で読売に勝利

北條の2本のホームランで大竹を沈め、上本が森福から決勝弾を放つ。相手のお株を奪うホームラン攻勢で僅差の試合をものにした。 前日は青柳が素晴らしい立ち上がりを見せたが、雨が強くなり、3回途中ノーゲームとなった。青柳でこのカードタイに持ち込んで欲しかっただけに残念だった。 2回に北條のソロで先制するが、その後は大竹に6回まで髙山…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

序盤の失点が響いて甲子園開幕戦を落とす

岩貞が前回広島戦と同じような内容で崩れた。打線も拙攻の繰り返しでマイコラスを攻略出来なかった。 岩貞はコントロールが定まらず、序盤に4点のビハインド。打線はランナーを出すものの得点出来ず。中盤になってようやく3点を返すものの、7回に追加点を取られて反撃の機運が消えた。 岩貞は5回4失点。9安打3四球の荒れたピッチング。広島戦…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

原口のサヨナラ弾で延長戦を征する

負けてもおかしくなかった試合。中継ぎが踏ん張って相手の勢いを止め、最後は原口のひと振りで決めた。 初回に館山から打者9人で4点を奪う猛攻を見せるが、その後は打線が沈黙。先発メッセンジャーは毎回先頭バッターを塁に出しながらも、5回まで1失点に押さえていたが、6回に大引のタイムリーで2点差に迫られたところで降板。高橋、桑原と必死の継投…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

糸井の勝ち越しスリーランで連敗ストップ

膠着した試合を糸井が一発で決めてくれた。秋山はいいピッチングをしたのに勝ち星が付かず残念やったね。 秋山の登録に伴い、狩野を抹消。いずれ狩野の勝負強さが必要になる。 秋山がオープン戦の好調さをキープし、この日も6回まで1失点の好投を見せた。打線は初回に山中を攻めるが、無死満塁から僅か1点しか奪えず。しかし、7回に2番手ルーキ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

藤浪2失点も9四死球の乱調、打線は糸井の一発だけ

エースと言われながら、さっぱり進歩しとらんなあ。ヤクルトの拙攻がなかったら試合を壊していたやろね。 藤浪は初回2死から連続四球とタイムリーで1点を失うと、3回にはバレンティンにセンター上段席への特大ホームランを打たれて2失点。 糸井のソロで1点差にまで迫るが、結局追いつくことが出来なかった。 藤浪は4回でで4安打8四球の大…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

能見4失点ノックアウト、岩崎も炎上

岩貞に続いて能見も広島打線に捕まった。おまけに配置転換後初めて登板した岩崎も炎上。投手陣がピリッとせんなあ。 初回、広島に2点を先制されるが、3回に糸井の移籍後初ホームランが飛び出して、1点差に詰め寄った。しかし、その裏能見が踏ん張れずに2点を奪われ逆転される。 中盤以降、次の1点をどちらが取るかで試合が動くと思われたが、7回に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

5時間半のグダグダ試合、延長サヨナラ負け

両チーム合わせて27四球の大荒れ試合。最後は自滅してサヨナラ負け。 広島先発岡田の立ち上がりを攻め、初回に4点を奪うものの、その裏に丸のスリーランで1点差に迫られる。2回に2点を追加してリードを広げるが、中盤こつこつと点を取られ、7回にとうとう追いつかれてしまい延長に突入。10回の守りでミスが重なりサヨナラ負け。 広島岡田が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

打線が機能し、開幕戦勝利

糸井が入った新打線が爆発。幸先よく開幕戦を勝利で飾った。メッセンジャーが広島戦で勝てたのがなにより。 打線が爆発し、苦手ジョンソンをノックアウト。中盤に守りのミスから詰め寄られるが、最後に福留のツーランでとどめを刺した。 北條は2番の方がいいとか、クリーンアップはジグザグの方がいいという意見もあったが、結局はオープン戦終盤の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more