鳥谷復帰し猛打賞も連勝ストップ

鳥谷スタメン復帰で3安打猛打賞。しかし、打線沈黙で敗戦。復帰祝いに勝って欲しかった。

鳥谷が3番ショートでスタメンに復帰。打線が好調なので復帰時期はもうちょっと先と思っていたが、相手ピッチャーが相性のいい山口なので決断したらしい。

初回に鳥谷、福留の連続ツーベースで先制するも、その裏に能見が味方のエラーと連続ホームランで逆転を許す。2回以降の能見は別人のようなピッチングを見せるが、この日は打線が繋がらない。終盤になって中谷、ゴメスの一発攻勢で1点差にまで迫るものの、初回の4点が響いて追い付けなかった。

初回に失った4点がすべて。能見は先頭の桑原に初球を当ててしまい、すぐさま盗塁を決められる。石川はセカンドゴロに打ち取るが、荒木がトンネルをして、たちまち同点に追い付かれた。ここから梶原にライト場外へツーランを打たれて逆転を許し、続く筒香にもレフトスタンドに運ばれた。

立ち上がりのコントロールが定まっていないところを一気に攻め込まれた。金本監督は死球と荒木のエラーに苦言を呈しているが、致命的だったのは梶谷と筒香への失投だと思う。
筒香にホームランを打たれてからの能見は本来のピッチングを取り戻し、6回で降板するまでノーヒットに抑えた。それだけに最初の10球が残念でならない。

打線は、鳥谷が3安打と気を吐くものの、繋がったのは初回だけ。試合を振り返ってみるとチャンスは初回の福留のタイムリーの後と、3回2死満塁の2回だけ。どちらも原口が凡退して得点出来なかった。
他のバッターも山口をさっぱり打てず仕舞い。山口は故障上がりだったので、変化球主体のピッチングをしていたらしい。いつもの山口と違うイメージのピッチングをされた事が打てなかった原因なのかもしれない。

7回に中谷が代打で出場し、初球をレフトスタンドに叩き込んで一矢報いた。緒方、江越のバッティングの状態が悪いので、中谷にとってはレギュラー獲りのいいアピールになった。相手ピッチャーの左右に関係無く打てているので、当分の間スタメンで使ってみたらどうやろ。

9回、山崎康からゴメスがソロホームランを打って1点差に詰め寄る。前日の再現を期待したが、代打狩野以下が倒れて追付けず。まあ山崎康に嫌なイメージを植え付ける事だけは出来たかな。



野球・ソフトボールが2020年東京オリンピックの追加競技として承認された。
4年後はどんなメンバーで戦うのか楽しみやね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【2016観戦記-39】vs.ベイスターズ 15回戦@浜スタ【●3-4】

    Excerpt: 4連勝目指して今日も浜スタ参戦しました。 今日も大気不安定という天気予報だったので、雨具は持参したのですが、結局、今日も雨は降らず。ただ、浜スタのスタンドに入ると席が濡れてました。浜スタ周辺はちょっ.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2016-08-05 13:12
  • 【阪神】DeNAに惜敗

    Excerpt: (横浜) 阪  神100 000 101=3 DeNA400 000 00X=4 <投手> (神)能見-サターホワイト-島本 (D)山口-田中-三上-山崎康 ○山口7勝4敗 S山崎康2勝3敗25S.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2016-08-05 14:37