岡崎ナイスリード、1点差を逃げ切る

投手陣が踏ん張って1点差を逃げ切った。ここぞの場面での岡崎のリードが光った。

伊藤和と筒井を入れ替え。左の中継ぎは大歓迎。これで榎田と高橋の負担も減る。

2回に西岡のタイムリーとバッテリーエラーで2点を先制するが、その裏に福田のツーランで追いつかれる。5回に満塁から伊藤隼のピッチャー強襲ヒットで勝ち越し。
能見は3回以降無失点ピッチング。6回のピンチを切り抜けて、後はマテオ、球児、ドリスとリレーして逃げ切り成功。

9安打も打ったうえに8四死球も貰ったというのに、併殺3の残塁9で3得点のみ。3安打しか打てない状況からは抜け出せたとは言え、まだまだ得点力がない。
小熊から3点を奪ったというより、3点しか取れなかったというのが正直なところ。

2回先頭の福留が右中間フェンス直撃のツーベースで出塁し、西岡がライト前に弾き還して先制。ここまでは気持ちのいい点の取り方。しかし、その後の1点は相手バッテリーのミスが重なって入った点。

5回の追加点も3連続四球から、伊藤隼のピッチャーゴロを小熊が弾いて、貰った1点。続く北條はゲッツーで、この1点止まりに終わった。

打線が最低限の援護をしてくれない中、投手陣が踏ん張った。
先発能見は福田に一発こそ浴びるものの、それ以外のイニングは安定したピッチングを見せていた。まあ、能見が序盤に一発喰らうのは想定の範囲内。
能見にとって鬼門の6回。平田のツーベース、ナニータのヒット、福田四球で2死満塁のピンチを迎える。バッターは堂上。1球目、2球目とストレートでファールを打たせて追い込むと、3球目インコースのストレートがズバッと決まって、この日9つ目の三振を奪った。珍しく岡崎がガッツポーズを見せた。
この場面で3球勝負を挑んだ岡崎のリードが素晴らしかった。能見もしっかりと構えたところに投げ込んだ。

7回はマテオ。2死から2連続四球でランナーを溜めて、バッターは平田。変化球で追い込み、最後は高めストレートで三振に打ち取る。
8回、球児はビシエド、ナニータから高めストレートで三振を奪う。福田には死球を当ててしまうが、堂上には6球すべてストレート勝負で空振り三振を奪った。
最後はドリスが四球のランナーを1人出すものの、落着いて後続を打ち取ってゲームセット。

ピッチャー有利とみれば積極的に攻め、慎重さが必要なところではかわしながらのリード。岡崎のリードがあってこそ、1点差で勝てたと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】中日にリベンジ!

    Excerpt: (ナゴヤドーム) 阪 神020 010 000=3 中 日020 000 000=2 <投手> (神)能見-マテオ-藤川球-ドリス (中)小熊-祖父江-岡田-山井 ○能見5勝6敗 Sドリス2勝2敗.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2016-07-03 21:53
  • 【2016観戦記-30】vs.ドラゴンズ 14回戦@ナゴド【○3-2】

    Excerpt: 今日は、交流戦のライオンズ戦以来の参戦になりました。1ケ月ぶりですね。今年初めてのナゴドです。 土曜のナゴドではよくあるパターンですが、15時試合開始ということで横浜からでも、結構ゆっくりと出かける.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2016-07-03 23:35