岩貞まさかの4回3失点、打線奮わず敗戦

打ち取った当りがヒットになったり、タイムリー性の当りを相手の守備に阻まれたりと、ツキに見放されているような試合やった。まあ守り負けとも言うんやろうけど。

前日ホームランを放った良太がレフトでスタメン。センターには俊介を起用。なんか一気に超変革でなくなったようにも見えるが、これが若手、中堅含めて競争という事なんやろなあ。いっそのこと、ベテランも含めて競争させたらどうよ。

岩貞が2回にバタバタと3点を失い4回で降板。その後は必死の継投でなんとか無失点に抑えたが、打線は1点を取るのがやっとこさ。

岩貞は3失点したものの、不味かったのは今永への四球だけ。桑原に打たれたタイムリーは、風に戻されてなければ普通のレフトフライ。本職のレフトなら、風の影響を考えてあんなに深く守ってなかったと思う。
3回、4回は立ち直ったように見えたのに、なぜ5回に代打を送って降板させたのかがわからん。球数も余裕があったので、せめて6回までは投げさせんとアカンのちゃうかな。

打線はDeNA先発今永をさっぱり打てず。狩野が代打でタイムリーを打ったものの、結局6回までシングルヒット3本だけに抑えられた。
6回のチャンスでの良太のピッチャー返し。今永のグラブに当たって、セカンド塁上にボールが転がってゲッツー。ツキがないわ。

8回に球児が中継ぎで登場。まだまだ調整に時間が掛かりそうな感じやね。先ずはストレートのキレを戻すことが必要やと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【2016観戦記-20】vs.ベイスターズ 10回戦@浜スタ【●1-3】

    Excerpt: 今週末も参戦!浜スタに行ってきました。今日もいい天気でしたねぇ。試合もスカッと勝ちたかったのですが・・・。 今日、明日と浜スタでのファンクラブ応援デーです。甲子園の応援デーは平日が多いので、なかなか.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2016-05-15 22:57