ただでは終わらん

先発岩田が踏ん張れず。打線は成瀬の前にヘイグのソロホームラン1本だけ。それでも最後まで諦めない姿を見せてくれたのが去年と違うとこやね。 7点ビハインドの9回表。ヘイグがレフトオーバーのツーベースを放つ。福留がフルカウントから四球を選ぶと、続くゴメスが初球を左中間スタンドへ放り込んだ。 その後、2死から狩野が四球で出塁するものの、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、あと一人のところで完投勝利を逃す

最終回に5点差あったというのに、一発が出ると同点という状況に追い込まれながらの勝利。藤浪もベンチもちょっと考えなアカンよ。 藤浪は8回2/3を8安打5四死球で2失点。ストレートの球速は藤浪らしくなく、思い通りにコントロール出来てなかった。オフの肩の炎症の影響で投げ込み不足なのかもしれない。 それでも完投目前まで投げる事ができたの…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

辛くも逃げ切って開幕カード勝ち越し

若い1・2番コンビとベテラン福留の活躍で序盤に4点リードするものの、球児が打たれて追いつかれる。しかし、ヘイグの開幕3戦連続タイムリーで勝ち越して、必死の継投で何とか逃げ切った。 終盤はひやひやものだったが、中継ぎ投手陣が粘り強いところを見せてくれた。かわすのではなく、自分の持っている一番いい球で勝負して打ち取れたところがよかった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

超変革打線爆発、金本阪神初勝利!

金本監督体制下での初勝利。今シーズン初のお立ち台はルーキー高山と新外国人のヘイグ。高山に「声が小さい」とファンからツッコミが入ったり、ヘイグが「ゴンバッテ」と言い間違えたりと、楽しいヒーローインタビューやった。 3回に高山、ヘイグのタイムリーで2点を先制。5回には横田、ヘイグを塁に置いて、ゴメスの今季1号ホームランで追加点を挙…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

開幕黒星スタートも超変革が垣間見えた

開幕セレモニーも近年にない派手な演出で超変革。「みんなで六甲おろし」の映像に始まり、出陣の法螺貝の音を合図に迫力の和太鼓演奏が行われた。 金本阪神の開幕戦は残念ながら逆転負け。それでも打線の組み方だったり、アグレッシブな攻撃だったりと、「オレの目指す野球はこれだ」というのが見られた。まさに名刺代わりの試合やった。 高山、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

オープン戦終了

オープン戦が終わり、今週末から公式戦が始まる。話題が多かったせいで、あっという間に時間が過ぎたような感じがする。 「厳しく明るく」の言葉通りのキャンプを過ごし、オープン戦も若手にチャンスを与え続けた。 ベテランは別調整、オープン戦もレギュラー陣中心だったここ数年の事を考えると、それだけでも超変革だったと思う。 ここ数年、どれだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more