岩崎2安打ピッチングで今季初勝利

岩崎が6回0/3を2安打無失点に抑え、ようやく今シーズン初勝利を手に入れた。これで夏ロード2カード目も勝ち越し。

ここ2試合安定したピッチングを見せながらも3巡目に崩れていた岩崎。6回1死から問題の3巡目を迎えるが、桑原、山崎憲を打ち取って、6回まで梶谷のヒット1本に抑える好投を見せた。

7回に、梶谷に2本目のヒットを打たれたところで、太ももの違和感を訴えて急遽交代。中途半端な形でリリーフを仰ぐ事になったが、競った試合だったので、例えアクシデントがなくても交代しておくのがベストな選択やったと思う。

緊急リリーフした安藤が筒香にヒットを打たれて無死1・3塁にしてしまうが、ロペス、バルディリスを三振に仕留めると、白崎をセンターフライに打ち取ってピンチを切り抜けた。

9回に呉昇桓が打ち込まれて1点差に迫られるが、なんとか救援成功。呉昇桓のDeNA戦での防御率が極端に悪いのはなんでなんやろなあ。

打線は2回にゴメスのヒット、マートンの内野安打で無死1・2塁のチャンスを迎え、今成のセカンドゴロで白崎の1塁悪送球が出て1点を先制。
その後はモスコーソをまったく打てなかったが、6回に福留がヒットで出ると、ゴメスの打った瞬間にそれとわかる、レフト最上段へのホームランで追加点を挙げた。
打ったヒットはたったこれだけ。岩崎の好投と安藤の踏ん張りで勝ったような試合やね。

岩崎がローテ5番手に定着してくれそうなのは心強い。3巡目の壁も次こそは乗り越えてくれるやろ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック