ヤクルトに今季甲子園初勝利を許す

序盤の失点をすぐに追いかける体勢に入ったもののその後が続かず。前日の逆転劇の勢いはどこへやら。何にもできないまま負けたという感じやね。

メッセンジャーは7回を3失点。
立ち上がりに比屋根にヒットを打たれると、川端にエンドランを決められて1・3塁。山田にきっちりと犠牲フライを上げられて先制を許す。3回には畠山にツーランを打たれて点差を離された。
4回以降はほぼ完璧なピッチングだっただけにもったいなかった。
中4日での登板が続いているのが立ち上がりの悪さに繋がっているんかもしれんなあ。

2番手歳内が誤算。いきなり畠山にツーベースを打たれると、雄平にセンター前に落とされて1点を失う。
よかったり悪かったりと安定せんなあ。

打線は3回にゴメスのタイムリーで1点を入れただけ。中盤以降は石山-秋吉-バーネットのリレーの前に淡泊な攻撃で得点出来なかった。

この日の江越はボール球を振らされて3三振。使う側も江越本人も我慢のしどころやね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【2015観戦記-36】vs.スワローズ15回戦@甲子園【●1-4】

    Excerpt: ウル虎の夏、対スワローズの2試合目。今日も甲子園に行ってきました。 昨日は序盤大量ビハインドも、球場全体で一体となって逆転できたと錯覚するような興奮の結末でした。ウル虎ユニの黄色がいい感じで選手たち.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2015-08-03 08:48