岩田、粘りのピッチングで嬉しい今シーズン初勝利

情け無いピッチング? いやいや、粘り強い素晴らしいピッチングやったと思う。野手もよく守ってくれた。 いいピッチングをすると打線の援護がなく、援護してもらうと打たれるという悪い流れで、ここまで勝ち星がなかった岩田。 この日は初回から2点のリードを貰ったものの、毎回ランナーを背負う苦しいピッチング。 7回10安打2四球で状態はよく…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

江越、プロ初打点は決勝スリーラン!

期待されながら、なかなか結果を出せなかった江越がプロ初ホームランで初打点。それも結果的に決勝ホームランとなって、初のヒーローインタビュー。\(^o^)/ 2回、福留がセンター前ヒットで出塁。続くマートンはライト前ヒット。フルカウントになっていたことで、自動的にエンドランとなって1・3塁。 ここでバッターは江越。開幕1軍に抜擢…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

能見完封勝利、打線も爆発で久々の快勝

久し振りに安心して見ていられた試合やった。能見も打線も底は脱したかな。 この日の先発マスクは藤井。相性とかリードの問題で藤井にしたんやろうけど、ベテランピッチャーが投げるときこそ、梅野を使って育てなアカンのちゃうかな。逆に若手が先発で投げるときに藤井を出したらどうよ。 能見は広島打線を散発6安打に抑えて完封勝利。ピンチらしい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

守乱が絡んで広島にボロ負け

ヤクルトと読売が首位攻防戦やというのに、こっちは広島と最下位攻防戦。それだけでもテンション下がるのに、まるで草野球のようなプレーの連続。こんな試合、見る価値がないわ。 藤浪は、今年のテーマだった「脱力」を忘れてしまったかのようなピッチング。 ずっとランナーを出してたので、常に全力で投げざるを得なかったんかもしれんが、ギアチェンジ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

メッセ踏ん張れず、横浜に逆転負け

雨が本降りの横浜スタジアム。5回でコールドゲームにしといてくれたらよかったのに。 とうとうマートンを6番に落し、福留を5番に入れた。やっと決断したかという感じやね。 そして先発マスクは藤井。梅野には任せられんということなんやろか。ピッチャーとの相性もあると思うが、そんなことしてたら正捕手は育てられんよ。 雨でバッドコンディ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ゴメスのタイムリーで久し振りにカード初戦に勝利

岩田が不憫やなあ。初勝利どころか、すわ球団創設初の完全試合達成を期待させる素晴らしいピッチングをしながら、結局勝ち負け関係無し。お祓いに行った方がええよ。 岩田が投げる試合は打線が沈黙するのが常。しかし、この日は初回にゴメス、伊藤隼のタイムリーで2点を先制。久保の立ち上がりが悪かったところを上手く攻めることが出来た。 4回に…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

勝利がスルリ、読売に逆転負け

終盤に勝ち越して、勝利の方程式でそのままゲームセット。誰もがそう思ったはず。まさかあんな展開になるとはなあ。 でも、試合を振り返ってみると負けるべくして負けたという感じやね。 先発藤浪が乱調。打線はまたもや高木勇に抑えられて僅か4安打。たまたまゴメスにホームランが出て同点に追いつき、相手のエラーで勝ち越せただけ。 そこへ持って…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

エース復活!能見今シーズン初勝利!

久々に能見らしいピッチングを見る事ができた。エースに勝ち星がついたことで、これをきっかけにチームが乗っていけたらええね。 この日のスタメンマスクは藤井。梅野を使って欲しいけど、能見とのバッテリーでここまで勝ててないので仕方ないか。 低めの球を見切られて苦しんでいた能見。この日はストレートも変化球もしっかりと低めに決まり、…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

記念の日に惜しい敗戦

30年前のこの日、伝説となるバックスクリーン3連発で読売に勝利し、勢いをつけて日本一になった。 あのときの再現を期待していたが、残念な結果に終わった。 メッセンジャーの初回の3失点が悔やまれる。 1死1・3塁のピンチで坂本の1塁ゴロをゴメスが1塁を踏んでアウトにした。これで3塁ランナーの生還を許したのが後に響いた。 バックホ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

寂しくなるなあ

キンキンこと愛川欽也さんが肺ガンで死去、黄桜のマンガで知られている小島功さんが脳出血で死去。 共に80を超えた方々なんやけど、自分が若いときに好きやった人が亡くなるのは寂しいなあ。 愛川さんはトラック野郎のジョナサンのイメージが強いが、もっと遡ったら、いなかっぺ大将のニャンコ先生、ハクション大魔王のそれからおじさん、おはようこど…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナゴド3連敗を阻止

最近は日替わりのスタメン。まるでオープン戦のようやね。 この日のスタメンは1番に上本を持って来て、2番は西岡。7番センターは伊藤隼の布陣。 初回、上本、西岡の連打と鳥谷四球で無死満塁。 これまではこんな場面でゲッツー崩れの1点だけとか、チャンスが逆にピンチになってたが、この日はゴメスのタイムリーであっさりと先制。 その後…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

遼馬で連日のサヨナラ負け

流れを手放してしまい、2夜連続のサヨナラ負け。点も入らんし、フラストレーション溜まるわ。 同点で迎えた9回。マウンド上はまたも遼馬。 連投が続いているので出さんと思てたんやけど、前日の嫌なイメージを消すのに敢えて投げさせたんかな。 結果的にこれが裏目に出た。 大島のヒットと盗塁で2死2塁の場面になって、平田にライトオーバ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

遼馬が打たれてサヨナラ負け

8回に同点に追いついて遼馬が登板。4勝目あるかと期待したが、そう毎度うまいこといかんわな。 この日のスタメンは1番西岡、3番鳥谷。そして8番キャッチャーは梅野。広島戦はベンチで藤井のリードを勉強させたみたいやね。ダメ出しでなくてホッとした。 その梅野が3回にライトスタンドギリギリに放り込むホームランで先制。強引に引っ張るより…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷逆転弾で連敗をストップ

ようやく甲子園で今期1勝目。打線をいじったからというより、運がよかったんやろね。まあ運も大事。 8回裏、代打良太が四球を選んで出塁。打撃不振の良太を歩かせてくれたのは助かった。 そして3番に座った鳥谷が一発回答。ライトへツーランを放って逆転。キャプテンがチームを救ってくれた。 最後は1点差を呉昇桓がしっかりと守ってくれて、久々…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

黒田を打ち崩せず、広島に惨敗

打線の状態は底を脱したとスポーツ紙には書いてあるけど、たまたまヒットが出てるだけで未だ繋がりがない。ベンチの采配も疑問符だらけやし、当分は浮上できんのとちゃうか。 広島にも負けて甲子園開幕戦4連敗。 この日の試合のポイントは6回表裏の攻撃の差やね。 広島は新井のタイムリーを含む3連打で1点を追加。その後死球で満塁になってか…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

甲子園開幕カードでまさかの3連敗

DeNA相手にまさか3タテ喰らうとは思わんかったなあ。開幕カード3連敗は20年ぶりだとか。 これで読売戦から数えて5連敗。打線の状態を見てたら、まだまだ続きそうな気がする。 上本を7番に下げて、2番にはセンター俊介。ベンチは、小手先の入れ替えで現状が打開できると思てるんやろか。 岩崎はランナーを出しながらも粘りのピッチング…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

貧打、拙守、拙攻でDeNAにも負け越し

毎回のように点を取られてそのたびにため息が出る。一気に点を取られるよりダメージが大きいわ。 岩本は毎回得点圏にランナーを置いての苦しいピッチング。1回、2回はなんとか踏ん張る事が出来たが、3回以降は毎回の失点。 ランナーセカンドで三遊間を破られるとか、同じくランナーセカンドで外野フライ2本とか、大崩れはしなかったものの、DeNA…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

本拠地開幕戦でボロ負け

甲子園は寒の戻りで、じっと観戦しているのが辛いくらい寒かった。そして、試合の方はもっと寒かった。 入場時に配られた帽子でスタンドは真っ黄色。自分もこの帽子を被ったまま観戦してそのまま帰宅したけど、よく考えると街中で被るの恥ずかしい気がする。 甲子園開幕と言うことで、試合前のセレモニー。 最初は陸上自衛隊の吹奏楽団。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今期初の完封負け

ルーキー高木勇の前に2安打完封負け。ほんまによそのピッチャーを育成するの上手いわ。 大和を外して8番センターに江越。3打席ノーヒットで守備機会もないという寂しいスタメンデビューになってちょっと残念。 ルーキー同士、白紙の状態なら高木勇を打てるかもと、僅かな期待を持ってたんやけどなあ。 高木勇は変化球にキレがあり、失投らしい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩田KO、継投ミスで火に油を注ぐ

岩田先発で相手ピッチャーが初物外国人投手ということで、必然的にロースコアゲームになると踏んでいたが、意外な展開になった。 1軍に登録されたばかりの今成が右肋軟骨損傷でアウト。脇腹の張りの原因はこれやったんちゃうの。なんでトレーナーが気づかんかったんや。 安藤も右肩の張りで離脱。大事ではないらしいが、ベテランだけに長引かないか心配…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梅ちゃん大活躍、今期初の読売戦に先勝

読売は正捕手相川の故障で、1塁コンバートの阿部がキャッチャーに復帰。チームの状態が上がらんから、若手捕手を我慢しながら使うということが出来んのやろなあ。 1年前の惨劇を払拭するかのように西岡が4安打と大暴れ。福留も2安打1打点とチームを牽引した。 ゴメス、マートンがまだ本調子でない中、この2人がその穴を埋めてくれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト強力打線の前に惨敗

打線のパワーの違いを見せつけられたという感じやね。山田を3番に入れて厚みが増したヤクルト打線に好き放題にやられた。まあ、読売戦前に厄落とし出来たと思えばええか。 岩崎はまずまずの立ち上がりを見せたが、5回に荒木、川端の連打でランナーを溜めると、山田のホームランで3点を取られた。1死を取った後、畠山にヒットを打たれたところで降板。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

岩本、3年ぶりの勝利

藤浪や能見が3点も4点も取られて中盤で交代してしまうのは問題だが、岩本の場合は5回2失点でも上等だと思っていた。 それが初登板で7回まで投げて1失点。それも神宮のヤクルト戦でこの成績は出来すぎやで。 岩本は、素晴らしい立ち上がりで3回までパーフェクトピッチングを見せる。 しかし、2巡目に入る4回に突如打たれ始めた。山田、川端の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

逆転負けで開幕4連勝ならず

4連勝がかかってるからというより、能見が今季初先発だったことと、カード初戦ということで勝っておきたかった試合。 神宮のヤクルト戦は、主導権を握ったまますんなりと勝たしてもらえんわ。 初回、鳥谷がヒットで出塁し、すぐさま盗塁を決めた。続く上本もヒットで続くと、ディレードスチールを決めて無死2・3塁。この辺りの攻撃はお見事だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more