金子オリックス残留、FA補強全滅

成瀬獲りはどこまで本気だったかわからんが、中島争奪戦に負け、そして金子にもそっぽを向かれてしまった。
これで弱点である投手陣の補強を出来ないまま年越しを迎えることになった。
若手に期待するしかないが、計算が出来んもんなあ。ひょっとすると1月に緊急トレードがあるかも。

阪神 金子オリックス残留でFA補強は“全滅”
 阪神が獲得を狙っていたオリックスの金子が24日、残留を表明。またしても争奪戦に敗れた。

 今オフはFA戦線で獲得を狙っていた中日・山井、日本ハム・宮西が相次いで宣言することなく残留。ロッテからFA宣言した成瀬はヤクルトにさらわれ、単年5億円超の契約を用意した、オリックスからFA宣言した金子にも最大4年のオファーを出したものの、残留が決まってしまった。

 阪神はまた、アスレチックスからFAとなっていた中島獲りにも参戦。3年総額9億円の条件を提示したと見られるが、オリックス入りが決まった時には中村ゼネラルマネジャーも「結果的にそう(補強がうまくいっていない)見られても仕方ない」とガックリと肩を落としていた。

 金子のオリックス残留に中村GMは「あれだけの投手だから攻めないといけないと思ったが、ある程度予想される、元のさやに収まった感じじゃないか」と話した。鳥谷が海外FAでメジャーに移籍する可能性もあり、頭の痛いところだ。(スポニチ)


最大限の譲歩をしたみたいやけど、金の問題やないと思う。
他球団の選手から「あのユニフォームを着てプレーしたい」と思って貰えるようなチームになってもらいたい。

鳥谷を引き止めるためにも大型契約を提示してるけど、引き止め方を間違てないか。
日本の球団がどれだけ金を積んでも、メジャーが本気で獲りに来たら金額面で勝ち目はない。
鳥谷の夢が「メジャーでプレーしたい」から、「タテジマのユニフォームで日本一になりたい」に変わるような説得をせなアカンのちゃうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック