白仁田、オリックス桑原と交換トレード

大卒7年目で結果が残せんのやから仕方ないかな。白仁田には気持ちを新たにして頑張ってもらいたい。

阪神・白仁田、交換トレードでオリックスへ「悔しさでいっぱい」

特集:移籍・退団2014ドラフト会議
 阪神の白仁田寛和投手(29)とオリックスの桑原謙太朗投手(29)の交換トレードが成立し、7日に両球団から発表された。先発と中継ぎをこなせる投手を求めた阪神と、先発の頭数を増やしたかったオリックスとの思惑が合致した。

 白仁田は球団を通じて「7年間のタイガース在籍中、わずかに1勝しかできず、申し訳ない気持ちと悔しさでいっぱいですが、オリックスではチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います」とコメントした。

 一方、桑原は「しっかり活躍して名前を覚えてもらいたい。甲子園では投げたことがないが、投げやすい球場とは聞いている」とコメント。阪神の和田監督は、桑原について「スライダーを多投するイメージだけど、真っすぐも速いし、強い印象を持っている。うちの中でもそういうタイプは少ないから、なんらかの形ではまってくれたらいい」と期待を寄せた。(サンスポ)


白仁田世代のピッチャーがどうも伸び悩んでいる。若手をよう育てんというより、そもそも他球団との競争なきドラフト世代に共通する問題かもしれんなあ。鶴、小嶋といったところも今のままやったら危ないで。

桑原についてはベイスターズ時代に見たきり。それほど活躍していた印象もない。
白仁田よりは1軍経験があるので、戦力的にはプラスかもしれんが…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック