後味の悪い幕切れで終戦

試合直後にツイートされた映像を見ると、西岡の足はライン上だった。また誤審かと憤慨していたが、その後のスポーツニュースの解説では、右足がライン上でも左足が内側に入っているので守備妨害なんだと。それにしても釈然とせんわ。 好投メッセンジャーが8回にとうとう力尽きて1点を失う。テレビの中継も既にホークスが日本一を決めたような実況。 ま…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

まさかのサヨナラホームランで王手をかけられる

このシリーズ初めての延長戦。あんな幕切れになるとは思わんかった。脱力感だけが残る、長い試合やった。 初回、西岡、上本が早いカウントで打ちに行って凡退。2死から鳥谷、ゴメス、マートンの連続四球で満塁。 こうなるんやったら、西岡、上本もじっくりと見極めていったらよかったのにと思ってしまう。 しかし、このチャンスで福留は三振に倒れ、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シーズン中の虎に逆戻り、貧打拙守で連敗

大隣が相手なので苦労すると思ってたが、ここまで打てんとはなあ。おまけに直接失点に繋がる守りのミスも出た。確変が終わって、交流戦のときのチームに戻ってしもたような感じがする。 先発藤浪は、初回先頭の柳田につーベースを打たれると、犠牲バントで3塁へ進められ、内川のセンターオーバーであっさりと先制を許す。緊張してたのか、ボールが高かった…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

流れをつかめず惜敗

1点ビハインドの9回裏、2死2塁でバッターは福留。ひょっとしたらと言う期待も虚しく、落ちる球にバットが空を切り敗戦。上本、あの場面で初球ポップフライはアカンで。 先発能見は、初回先頭の柳田にヒットを許すと、内川のタイムリーで早々と先制を許す。その後はペースを掴んだが、4回に李大浩にホームランを打たれて2失点。内容は悪くなかったんや…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

猛虎打線爆発、日本シリーズ開幕戦勝利

クライマックスシリーズの勢いそのままに、日本シリーズの初戦も投打がかみ合って快勝。聖地で応援したかったなあ。チケットが取れなかったのがほんまに残念やわ。 ぎっしりと黄色で埋まった甲子園。風船の数も、いつもより多いように見えた。 メッセンジャーとスタンリッジの投げ合い。交流戦での両投手の対戦は、スタンリッジの完封勝利。メッセン…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

2014ドラフト、今年は即戦力中心

本命は逃してしまったが、それでも大社の即戦力を中心に採ることが出来て、ええドラフトやったんちゃうかな。 1巡目 横山 雄哉  左左 投手  20歳 新日鐵住金鹿島 2巡目 石崎 剛   右右 投手  24歳 新日鐵住金鹿島 3巡目 江越 大賀  右右 外野手 20歳 駒澤大 4巡目 守屋 功輝  右右 投手  20歳 H…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さあ、2003年のリベンジや!

ソフトバンクが日本ハムを倒してパリーグクライマックスシリーズを制した。 勢いから言って日ハムに決まるんやないかと思っていたが、大隣がええピッチングしよったなあ。 日ハムなら藤浪と大谷の投げ合いや、中田、稲葉との対戦が楽しみやったんやけどなあ。 ソフトバンクに決まったからには、これはもう2003年のリベンジを果たしてもらうしかな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読売を4タテ!日本シリーズに進出!!

1、2戦目は先発投手陣の踏ん張り、3戦目は打線の粘り、そして最後は猛虎打線爆発。読売を倒して日本シリーズ進出を決め、最高の気分やわ。 読売が息を吹き返す前に一気呵成に決めてもらいたい試合。その願い通りに初回から猛打爆発。 初回、上本、鳥谷を塁上に置いてマートンがレフトスタンドへ先制のスリーランを放つ。続く福留もライトポール際へソ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

逆転勝ちで王手

形勢不利だったのでそろそろ負ける頃かなと思ってたが、ビハインドを跳ね返して勝利。この勢いのまま突っ走れ! メッセンジャーは初回、先頭長野に四球を与え、阿部のタイムリーであっさりと先制を許してしまう。 3回にも亀井にホームランを浴び、2点目を失った。 打線の方は序盤は杉内をさっぱり打てず。4回に上本、ゴメスのヒットとマートン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩田の好走塁と粘投で連勝

ポストシーズンに入って、先発投手陣が素晴らしい粘りを見せてくれている。ここへ打線が先制点を奪って試合の主導権を握り、クローザーが大車輪の活躍。シーズン終盤の東京ドームで3連敗したのと同じチームとは思えんわ。 この日も阪神が先制。 3回、1死から岩田がストレートの四球で出塁。西岡のサード強襲ヒットで1・2塁にし、上本がセカンドの頭…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤浪熱投、ゴメスツーランで勝利

終盤の3連敗はいったいなんやったんかと思うような、先制逃げ切りのナイスゲーム。まずは相手のアドバンテージを消した。 初回、西岡がヒットで出塁すると上本との間でバスターエンドランを仕掛けた。結果は1塁ゴロに終わったが、内海を揺さぶるいい作戦。 それが功を奏し、鳥谷がセンターオーバーのツーベースでまずは1点。続くゴメスがレフトスタン…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

引き分けコールドでファーストステージ突破

0-0で迎えた延長12回表2死1塁。福原が鈴木誠をセンターフライに打ち取った。この瞬間、阪神の負けがなくなり、ファイナルステージへの進出が決まった。 引き分けになれば阪神の勝ち抜けが決まる事は試合前から知っていたが、引き分けが決まった時点でコールドゲームになるとは知らんかった。 今シーズン、今ひとつピリッとしなかった能見が、これ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

福留の一撃でまずは先勝

試合前から福留がなにかやりそうな気がしていたが、その通りの結果を出してくれた。台風接近で3試合出来るかどうかわからない状況。このホームランがファーストステージの明暗を分けるかもしれない。 赤く染まった3塁側スタンド。去年はその光景に衝撃を受けたけど、今年はそうも驚かなかった。見慣れたせいなのかな。 まずは先発投手の発表で…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

来期も和田監督

他力2位をオーナーがどう評価するかと思ってたが、結局球団側に押し切られた形になったか。 続投要請を快諾!虎・和田監督、坂井オーナーからV奪回厳命  今季で3年契約の切れる阪神・和田豊監督(52)が10日、西宮市内の甲子園球場で坂井信也オーナー(66)=阪神電鉄会長=から来季の続投要請を受け、受諾した。「来年は必ず優勝してくれ」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014レギュラーシーズンが終わって

全日程が終了し、競っていたタイトル争いも決着がついた。うーん、これだけのタイトルホルダーが居ながら他力本願の3位とはなあ。 投手部門 最多勝利   メッセンジャー   13 最多奪三振  メッセンジャー  226 最多セーブ  呉昇桓       39 最多ホールド 福原        38 投球イニング メッセンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2004シーズンも2位で終了

広島が読売に負けたため、阪神は2位に浮上した。広島に負けて欲しいけど、読売が勝つのは嫌やという、自分でもようわからん感情でTV観戦してた。 球団経営の事を考えなければ、甲子園でもズムスタでも、どっちでも同じような気がする。スタンドが赤く染まった甲子園を見るのはちょっと辛い。2位になってアドバンテージがあるかといえば、同点や1点ビハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久保田、日高が引退

2人とも戦力外かとの報道もあったが、先日の戦力外通告のときに名前が出なかったので意外に思っていたが、こういうことやったんやな。 偶然にも赤星の「決断」を読んでいる最中。その中で、戦力外通告が解禁になる前の9月下旬に、構想から外れている選手や協約の制限以上に減俸される選手は呼び出されると書かれている。赤星もその時期に引退勧告を受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014シーズン、勝利で締めくくる

勝てば2位確定の広島。プレッシャーのせいかな。守りのミスが連発して自滅してくれた。 北條は結局見学で終わってしもたか。上がって来てから接戦続きやったからしゃあないか。 来年は1軍キャンプに呼ばれるように、オフの間に頑張りや。 初回にマートンのタイムリーで1点を先制。その後は広島のミスでコツコツと追加点をあげる。 ワイルド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西村ら4人が戦力外に

まさか西村が戦力外とはなあ。想像もしてなかったわ。 阪神、西村ら4選手に戦力外通告 プロ2年目に7勝も右肘手術 阪神は1日、西村憲投手(27)、吉見祐治投手(36)、高山久外野手(32)、育成契約の阪口哲也内野手(22)の4選手に戦力外通告をしたことを発表した。  西村はプロ2年目の2010年にリリーフとして65試合に投げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子園最終戦は3安打完封負け

打線が全く機能せず、結局メッセンジャーは13勝止まり。もう1つ勝ち星を増やしてやって欲しかったなあ。 両チーム共3安打の投手戦。ほんの僅かなコントロールミスが勝敗を分けてしまった。 この日のスタメンマスクは藤井。ここのところ梅野との相性が合わず打ち込まれていたからやろね。この起用がバッチリとはまり、久し振りに安定したピッチン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more