逆転勝ちで王手

形勢不利だったのでそろそろ負ける頃かなと思ってたが、ビハインドを跳ね返して勝利。この勢いのまま突っ走れ!

メッセンジャーは初回、先頭長野に四球を与え、阿部のタイムリーであっさりと先制を許してしまう。
3回にも亀井にホームランを浴び、2点目を失った。

打線の方は序盤は杉内をさっぱり打てず。4回に上本、ゴメスのヒットとマートンの死球で1死満塁のチャンスを作るが、この日スタメン出場の良太が三振に倒れる。続く藤井は左中間へ大きな当りを飛ばすが、長野のファインプレーに阻まれてしまった。

5回を終わった時点で杉内に僅か2安打に抑えられ、どうにも反撃の糸口を見つけることができない。
メッセンジャーも読売打線を3安打に抑えてはいたが、その序盤の2点がとても重くのしかかっていた。

ところが、6回に入って突然試合の流れが変わる。
この回先頭の上本がヒットで出塁。鳥谷は三振に倒れるが、ゴメスの打席で盗塁に成功。そしてゴメスのタイムリーで1点を返す。
マートンもヒットで続いて1死1・2塁としたところで、読売は杉内から西村へスイッチした。

マートンは別格として、上本とゴメスしか杉内を打てていなかったので、こんなに早く見切るとは思わんかった。次が杉内キラーの良太と言っても、前2打席を見るとあまり期待は出来なかったというのに。この交代がこの試合のポイントだったと思う。

ピッチャーが西村に代わったので、良太に代えて福留。これが成功して、福留は左中間フェンス直撃のタイムリーツーベースを放ち、同点に追いついた。
この後も関本、新井と代打攻勢。結果的は2人とも凡退して同点止まりに終わったが、一気にたたみかけようとしたのは間違いではないと思う。
続投が決まってからの和田監督、選手起用や勝負どころの判断が素晴らしい。シーズン中とはまるで別人のようやね。

同点に追いついた直後の6回裏、4番阿部から始まる打順。ここでベンチは高宮を投入。この起用もバッチリと決まった。
高宮は阿部をアウトコースのストレートで見逃し三振に打ち取る。3試合連続で阿部を抑え、キラー振りを存分に発揮した。

1死1塁で右バッターを迎えたところで安藤がポストシーズン初登板。
2死からロペスにヒットを打たれるものの、続く片岡を三振に仕留める。

7回表、読売のピッチャーは山口。
先頭の西岡がヒットで出塁。上本は送れずにランナーが入れ替わり、バッターは鳥谷。
天敵杉内が降板して、鳥谷が生き返った。レフト線へのツーベースで1死2・3塁とチャンスを広げる。
そしてゴメスがレフト前に落とし2者生還。勝ち越しの2点タイムリーとなった。

その裏は安藤がイニングまたぎで無難に抑え、8回からは遼馬。この大舞台で阿部、アンダーソンを打ち取ったのはいい経験になったことと思う。その後死球とヒットでピンチを作ってしまったことも反省材料として活かして欲しい。

ここで呉昇桓を投入。連投が続く中でのイニングまたぎ。それでも150キロのストレートが投げられるんやから凄い。
代打セペタをレフトフライに打ち取って、このピンチを脱すると、9回も井端、長野を三振に仕留めてあと一人。
亀井には左中間へ大飛球を打たれてヒヤッとしたが、大和がダイビングキャッチして試合終了。
抜けていたら得点圏にランナーを置いてクリーンアップを迎えていたところ。試合の行方がわからなくなっていただけに、まさにビッグプレーやった。

読売は過去に中日とのクライマックスシリーズで3連敗の後に3連勝しているし、日本シリーズでも近鉄に3連敗してからひっくり返している。
1つでも勝たせてしまうと読売のペースになりかねないので、次の試合で一気に決めて貰いたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 逆転勝利で遂に王手!甲子園まであと1勝!

    Excerpt: 一気に王手をかけたいファイナルステージ第3戦。 ここまでは一気に勢いに乗って来れました。ただ、ジャイアンツも簡単には譲ってくれないでしょうから、ここからが本当の勝負強さが要求される展開になるんでしょ.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2014-10-19 02:23