岩田の好走塁と粘投で連勝

ポストシーズンに入って、先発投手陣が素晴らしい粘りを見せてくれている。ここへ打線が先制点を奪って試合の主導権を握り、クローザーが大車輪の活躍。シーズン終盤の東京ドームで3連敗したのと同じチームとは思えんわ。

この日も阪神が先制。
3回、1死から岩田がストレートの四球で出塁。西岡のサード強襲ヒットで1・2塁にし、上本がセカンドの頭上を越すヒット。
岩田が2塁から一気にホームを狙い、クロスプレーに臆することなくホームイン。鳥谷もタイムリーで続いて、読売先発澤村から2点を奪った。

先制した直後、ここをピシッと抑え、試合を支配して進めたいところ。
1死1塁で澤村の送りバントを1塁へ悪送球し、1・3塁のピンチを迎える。
長野には四球を与えて満塁にしてしまい、1打同点、逆転のピンチを迎えるが、橋本をセカンドゴロゲッツーに打ち取って切り抜けた。
長野への四球は勝負を避けたんやろね。橋本だったら内野ゴロに仕留められるという自信があったんやと思う。

4回の2死1・3塁でも井端をセカンドゴロに打ち取って粘り強いところを見せると、5回に打線が再び援護。

先頭の西岡が四球で出塁。ここで上本に送りバントの指示がでるが、追い込まれてしまい強攻策に変更。直後に澤村のストレートが上本の側頭部へ直撃した。
バッターボックスに倒れ込んでピクリともしない上本。しばらくして動きだし、自力にベンチに戻って治療を受けた後、グラウンドに戻ってきた。
負傷退場や戦線離脱という言葉がよぎったが、大事にならなくてよかった。

これで澤村は危険球退場。ふてくされたような顔でマウンドを降りる澤村。あの態度には腹が立った。

この憤懣を鳥谷がはらしてくれた。緊急登板した久保の足下を抜くタイムリーで西岡をホームに迎え入れる。
1死になってから、マートンがバットを折りながらもレフトへタイムリーを打ち、この回3点を追加した。

5点の援護を貰った岩田は6回まで3安打の好投を見せた。
しかし、7回先頭の村田にヒットを打たれると、続く井端にレフトポール際へホームランを打たれて3点差に迫られる。
その後も1死から代打矢野をヒットで出すが、長野の打球が1塁ライナーゲッツーとなって、読売の反撃をホームランの2点だけに抑える。
岩田は7回を6安打2失点。気負うことなく普段通りのピッチングやった。打席でも打つ気満々、走塁もよかったで。

8回は福原が登板。先頭の代打亀井にセンターへ大きな当りを打たれるが、大和がフェンスにぶつかりながらもキャッチ。
続く坂本を死球で出し、阿部を迎えたところで高宮にスイッチ。すると、阿部を1塁ライナーゲッツーで切り抜けた。
高宮は2試合続けて阿部を抑えたことで、左ワンポイントリリーフとしての自信をつけたんちゃうかな。遠山になれるかな。
それにしても2度も1塁ライナーゲッツーが飛び出すとは、流れが完全に阪神に向いていたなあ。

9回は呉昇桓が連投の疲れを押して登板。無難に無失点に抑えて2連勝を決めた。

得点機は相変わらず少ないが、点を取った後の1本が出るようになったことはええ傾向やね。
大和にも2本ヒットが出て、次の試合に繋がりそうな気配がある。

岩田の1塁悪送球や坂の牽制アウトなど、ポストシーズンに入って見られなかったミスが出たので、ここでもう一度引き締めなおして、一気に勝ち抜いて貰いたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 連勝!こうなったらロイヤルズに続け!!

    Excerpt: MLBでは、青木が所属しているKCロイヤルズがポストシーズン負けなしで29年ぶりのワールドシリーズ進出なんだってね。 Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2014-10-17 18:57