虎の4番をなめるな!ゴメス満塁でサヨナラ犠飛!!

2度の鳥谷敬遠、ゴメス勝負。流石に2度目はゴメスが意地を見せてくれた。 北條が初めての1軍登録。残り2試合しかないけど、どこかで使ってやって欲しいね。 先発岩田は2回に無死1・2塁のピンチを迎えるが、梶谷、柳田を連続三振に取り、黒羽根をファーストライナーに打ち取って凌いだ。 それ以外はDeNA打線をサクサクと打ち取っていき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福留、連日の決勝打

福留の復調、どうやらほんまもんのようやね。打ち出すと実に頼もしいわ。 先発岩崎はよかったのか悪かったのか、よくわからん内容やった。 初回に3安打集中されて1点を失ったかと思えば、2回は一転して3者連続三振。3回にはまたヒットと死球で1死満塁のピンチを迎える。 やっぱりアカン日やと思っていたら、雄平を三振、川崎をショートゴロに打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドカベン香川、心臓発作で急死

今でも浪商時代のバッティングをよく覚えている。豪快なバッティングフォームやったなあ。 やっぱり太り過ぎが原因なんかな。同世代が病気で亡くなるというのは身につまされる。 “ドカベン”香川伸行さん、心臓発作で急死…南海で捕手として活躍  「ドカベン」の愛称で親しまれ、プロ野球南海(現ソフトバンク)で強打の捕手として活躍、引退後はテレビ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福留逆転弾、藤浪11勝目

広島に勝ったことは素直に嬉しいが、それが読売の胴上げをアシストすることになったのが腹立たしい。 藤浪は広島の足を絡めた攻撃で初回に1点を先制されてしまう。2回、3回と立ち直ったように見えたが、広島の足技の前にポロポロと点を取られ、結局6回を3失点。 藤浪のピッチング自体はそう悪くなかったと思うが、ローテの柱であるだけに、ファンや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勢いがあったのは初回だけ

初回に一挙4点取ったものの、その後は防戦一方で結局最後は逆転負け。 和田監督の「全部勝つつもりでいかないと」という言葉。勝って言うならまだしも、負けて言うから、自分に言い聞かせているようで虚しく聞こえる。 オリックスがパリーグ2位で優勝マジックが点灯。残り試合数の差でこんな現象になっているらしい。 毎年シーズンが始まる時は、阪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴメス、呉昇桓が前日のリベンジを果たす

負けそうな試合の流れを前日ダメダメだった2人が引き戻してくれた。それにしても長い試合やったなあ。 初回、ゴメスのタイムリーで先制。 同点に追いつかれた直後の3回には、1死満塁のチャンスからマートンがセカンドゴロ。ゲッツー崩れの間に2点目が入った。 そして5回にはベイスボール全開。 先頭の大和が四球で出塁し、鳥谷がセンター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩田好投も呉昇桓が打たれてサヨナラ負け

岩田が久保に投げ勝ったというのに、呉昇桓がまさかの逆転サヨナラホームランを打たれて敗戦。なんとなくこうなりそうな雰囲気やったなあ。 岩田は3回先頭の白崎にヒットを打たれると、梶谷、桑原に連続四球を与えて1死満塁でクリーンアップを迎える大ピンチ。 ランナーを出してから四球で自滅すパターンかと思ったが、グリエルをショートフライ、筒香…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

笑えるぐらいの拙攻で3タテ出来ず

13安打7四球といっぱい塁を埋めておきながら、得点はたったの3点だけ。残塁17の拙攻で逆転負け。終始攻勢やったのになんで負けるのかわからん。 先発岩崎は立ち上がりから安定したピッチング。三振が多い割には球数は少なめで、ひょっとしたら完封出来るんやないかという内容。 しかし、6回も2死を取ってからコントロールが乱れ出す。 三ツ俣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴメス大暴れ、メッセンジャー13勝目

前日同様に小刻みに得点して快勝。勝てば勝つほどあの6連敗は何やったんやろと思ってしまう。 この日のメッセンジャーは制球がバラバラ。4回以外は毎回得点圏にランナーを背負う苦しいピッチング内容だった。 しかし、ここぞの踏ん張りと中日打線の拙攻のおかげで、中盤以降は無失点に抑えることが出来た。 6回を8安打5四球の酷い内容ながら、な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、江夏以来の高卒新人2年連続2桁勝利

藤浪が立ち上がり不安定ながらも打線の援護を得て、2年連続の2桁勝利。久々に「江夏以来」という言葉を聞いた。 初回、制球が定まらない藤浪に、上本がタイムリーエラーで追い打ちをかけていきなり2失点。 その裏、すぐさま打線が反撃して逆転するものの、2回にも四球連発からタイムリーを打たれて同点にされる。 5回まで持つかと思われた藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能見8回無失点、完封リレーで快勝

能見が8安打無失点の好投。打線も先制、中押し、駄目押しといい流れでヤクルトに勝ち越し。 能見は奪三振を封印したかのような省エネピッチング。今シーズンは100球辺りで突然打たれる事が多いので、それを意識して打たせて取るスタイルで行こうと決めてたんやろね。 得点圏にランナーを2塁に進められたのは4回裏だけ。ここは畠山をゲッツーに打ち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩田、またも勝てず

試合の流れとしてはそんなに悪くなかったが。要所要所でバッテリーの注意力や洞察力が足らんかったかな。梅野にはいい教訓になったかもしれん。 先発岩田は初回先頭の山田に初球をホームランにされていきなり失点。 気持ちよくストライクを取って試合に入って行こうとしたところを狙われた感がある。ちょっと不用意やったなあ。 3回には山田を歩かせ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

関本、必死のパッチの決勝打でヤクルトに逆転勝ち

連日の代打策成功。この日は関本が決めてくれた。ほんまに頼れるわ。 先発岩崎は初回、先頭の山田にツーベースを打たれると、2死からバレンティンにタイムリーを打たれて先制を許す。 2回もピンチを招くが、なんとかここを踏ん張ると、3回辺りから立ち直りを見せた。 5回にマートンのホームランで同点に追いついてもらい、7回まで1-1の投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福留の一撃で流れを呼び込む

前日の情け無い試合から一転、終盤にたたみかけて快勝。この日も投手交代が勝負の綾になった。 メッセンジャーと九里の投げ合い。お互いに6回まで3安打の投手戦。 打線は1回、4回と得点圏にランナーを置くが、後続が続かず得点出来ず。6回の無死1塁も鳥谷がショートゴロ併殺に倒れてチャンスを広げられない。 鳥谷の不調と、今成の故障で6…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ブレブレ采配で歴史的大敗

試合前半は4点のビハインドをひっくり返しそうな勢いがあったんやけどなあ。ようわからん采配で流れを手放してしまって大敗。後半は草野球みたいやったなあ。 こんな試合、振り返りたくもない。だから雑感だけ。 2位を争っている広島との戦いに捨て試合はない。だから初回4失点の岩貞を降板させ、2回から歳内を投入したのは理解できる。 しか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、甲子園初完投で連敗ストップ

想像していた通り、優勝争いのプレッシャーがなくなったとたんに投打がかみ合って快勝。なんか広島ファンに申し訳ないように思う。 藤浪は初回、先頭の天谷にストレートの四球を与えると、菊池にヒットで繋がれ、丸の内野安打でいきなり無死満塁のピンチを背負う。 連敗の悪い流れをそのまま引きずっているような立ち上がり。前日は能見が初回に4失点し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

暗黒時代以来の甲子園で読売戦3連敗

去年の東京ドームの3連敗を思い出してしまう。あのときは終わりの始まりだったが、今回は完全に引導を渡されてしもたか。 まだリハビリが済んでいない西岡を上げて俊介を登録抹消。既に手遅れなんやから、無理させんでもええように思う。ところで柴田やのうて俊介を落とした理由がようわからん。 初回、能見は先頭の長野を1球で仕留めたが、橋本を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

打線をいじるも、スミ1で逆転負け

打線の組み替えが的中したのは初回だけ。後はいつも通りの貧打で終盤に逆転負け。ほんまに情けないわ。 不調の大和を外して、マートンを1番、上本を2番。5番には新井を入れた。打線を組み替えるのには異論はないが、タイガース打線は5番が打つか打たないかで打線の状態が大きく変わる。結局はそこの問題に戻ってきた。 その意味で試合から遠ざかって…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

天王山でいきなりボロ負け

これだけゲーム差を離されて、なおかつ3位にに甘んじていて天王山もなにもあったもんやないけど、それでも3連勝すれば逆転Vの可能性も出てくる。そんな思いで見ていたが、やっぱりこういう結果になったか。今シーズンも終わってもうたかな。 メッセンジャーがまさかの4回途中8失点でノックアウト。 初回の坂本にカーブがすっぽ抜けたのをホームラン…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

好投岩貞を見殺し、完封負けでまさかの3連敗

毎年大事なところで大失速。もはやこの時期の風物詩やなあ。 先発岩貞が7回を2失点の好投。そのうち1点はエラー絡みなので、実質は1失点。投球のテンポもよく、7回で球数は92球の省エネピッチング。9回まで投げられたかもしれんね。 新人とは思えない安定感。藤浪の1年目は粗削りで色々と課題があったが、岩貞の場合は完成しているように見…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

魔窟ナゴド復活か

あと1点が遠い、重苦しい展開。まるで落合竜時代のナゴドで戦ってるような感じやった。 藤浪は初回、先頭の大島を四球で出すと、2死から平田にタイムリーを打たれて先制を許す。 2回以降は立ち直ったものの、5回には大島のタイムリー、同点に追いついてもらった直後の6回には森野のタイムリーで細かく点を入れられた。 ピッチングのテンポが悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本昌に最年長勝利をプレゼント

さすがは山本昌、老獪なピッチングやなあと思っていたが、あと1本が出ない病やっただけか。 御年49歳の山本昌。金本や下柳が果たせなかった50歳現役を実現して貰いたい。 そのためにもこの日は山本昌にとって大事な試合。ひょっとしたら引退を掛けていたかもしれんね。 自分としては山本昌に捻られて、リリーフ陣を打って逆転勝利というのが理想…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

4カードぶりの勝ち越しで2位浮上

天敵三浦を打って、このカードを勝ち越し。この日は打線も久々に2桁安打。もう2点ぐらい欲しかったなあ。 岩崎が6回3失点とまずまずの内容で3勝目。 ピッチングそのものはよかったが、3回に自らのバント処理エラーが絡んで失点。6回にブランコに逆転ホームランを打たれたのも、見せ球のシンカーが甘く入ってしまったもの。 防げる失点だっただ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

打線がさっぱりでDeNAに痛い敗戦

岩田のピッチング内容にも問題があるけど、やっぱり打線がああも打てんとなあ。どうして秋になるとこうも調子を落とすんやろ。 この日の岩田は点の取られ方が悪かったなあ。 1点リードしてもらった直後に、先頭のバルディリスにヒットを打たれ、そこから白崎のタイムリーで同点に追いつかれる。 4回にはまたも先頭のバルディリスに、今度はバックス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今成サヨナラ打、メッセンジャー外国人奪三振記録達成

1点差逃げ切りの場面で久保に代えてルーキー三上とはね。今成もその前3三振の悪いイメージを捨てて打席に立つことができた。 メッセンジャーは初回、先頭の梶谷にピッチャー強襲ヒットを打たれ、2塁へ送られると、グリエルのツーベースで先制される。 その後、ブランコ、下園にボール先行で四球を与えて満塁になり、松本にストレートの四球で押し出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3カード連続の負け越し

最下位ヤクルトにまさかの連敗。打ち合って負けたんやったらまだしも、投手の出来と貧打で連敗というのが痛い。 岩貞は5回2/3を5安打4失点。審判との相性もあまりよくなかったようで四球が5つ。それがことごとく得点に結び付いたのが痛かった。 まだ発展途上なので、コントロールがアバウトなのは仕方ない。ストライクゾーンめがけて活きのいい球…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more